あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2015-05-14

ニュース

成島出監督の自主制作作品も!インディペンデント映画の軌跡を辿るイベント開催

PFF(ぴあフィルムフェスティバル)が企画する自主映画の名作を上映するイベント『夜のPFF 課外授業 入門! インディペンデント映画』がテアトル新宿にて、2015年5月30日より一週間限定で開催される。

PFFは1977年より続いている歴史ある映画祭だ。"新しい才能の紹介・発見・育成"をテーマにジャンルや上映時間、応募資格など一切制限を設けないコンペティションなどを元にさまざまなプログラムが展開されている。

PFF インディペンデント映画


初日は、現在映画『ソロモンの偽証』が公開中の成島出監督の1986年PFF入選作品『みどり女』が8mm映写機で上映され、ゲストとしても登壇する予定だ。また、監督おすすめの自主映画ジョン・カサヴェテス監督の『アメリカの影』や、矢口史靖監督の『雨女』などをオールナイトで楽しめる。

2015年6月2日は、山戸結希監督の少女映画『おとぎ話みたい』が英語字幕で上映されるほか、2015年6月3日には石井岳龍(聰亙)監督のロック映画『狂い咲きサンダーロード』が予定されている。ゲストには、監督とともに同作を創りあげたカメラマンの笠松則通さんが登壇する予定で、製作時秘話も聞けそうだ。

どの作品も自主映画界を代表する名作ばかり。監督たちの歴史、映画の歴史に触れてみてはどうだろうか。

『夜のPFF 課外授業 入門! インディペンデント映画』は、東京・新宿のテアトル新宿で開催。期間は2015年5月30日 ~2015年6月5日で連日21時上映開始。初日オールナイトは22時30分からとなっている。

関連リンク


「無理だ…」成島監督2人への思いを語る『ソロモンの偽証 後篇・裁判』先行上映会
「自主製作だとか関係ない」映画『ストロボ ライト』片元亮監督独占インタビュー
MAは世界で通じない?生まれ変わった『松竹映像センター』レポvol.2
「ひとりひとり感想が違っていい…」映画『ストロボ ライト』初日舞台挨拶

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録