あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2015-05-21

ニュース

ナタリー・ポートマンが監督デビュー!カンヌ国際映画祭で初監督作を披露

2015年5月24日まで開催中のカンヌ国際映画祭で現地時間16日、ナタリー・ポートマンの監督デビュー作である『A Tale of Love and Darkness(原題)』が披露された。

女優としての人気が衰えない中、監督業にも意欲!


A Tale of Love and Darkness ナタリー・ポートマン 監督


今回、カンヌ国際映画祭で披露されたのは、ナタリー・ポートマンが初めて監督を務めた『A Tale of Love and Darkness(原題)』。数々の受賞経験があるイスラエルの作家、アモス・オズによる同名の自伝を映画化した作品となる。

幼い頃にイスラエルからパレスチナへと移住したオズと同じく、3歳のときにイスラエルからアメリカへ移住したポートマンは、本作品に並々ならぬ思い入れがあった様子。自ら描いてみたい題材に監督として取り組み、作品の出来にも自信があるそうだ。

他方では、1994年の『レオン』で映画デビューを果たし、1999年の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で女優としての人気を不動のものとした彼女。ポートマンはまだ33歳。女優として、監督として、表現者としての、これからの活躍が期待される。

関連リンク


妻夫木聡が重要な役で出演!『黒衣の刺客』カンヌ国際映画祭に出品決定
台詞・字幕・音楽なし。全てを手話で表現しカンヌを震撼させた『ザ・トライブ』
カンヌ主演男優賞俳優マッツ・ミケルセン主演『悪党に粛清を』予告映像解禁
涙腺崩壊!カンヌ映画祭受賞の話題作『Mommy/マミー』が全国公開決定

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録