あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

ディレクターズカットと劇場公開版 どちらがお好き?

SHARE

■「キネマニア共和国」

10月10日より、押井守監督の『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット』が公開されました。
これは今年のGWに公開された同名作品に、およそ27分のシーンを新たに追加したものでなのですが……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.41》

ではディレクターズカットって、何?
THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット

映画の編集権を握っているのは誰?


ディレクターズカットを簡単に説明しますと、その映画の監督自身が望む形での編集なり完成度が保たれた作品のことですが、実際は描かれている内容に対して社会的影響を配慮したり、また上映時間の長さなど様々な理由から、プロデューサーなどのメスが入って短く切られてしまうことがあります。

特にハリウッド映画の場合、最終的な編集権を握っているのはプロデューサーなので、彼らの独断によって監督としては不本意なものが出来上がってしまうこともしょっちゅうなのです。

たとえば超大作『クレオパトラ』(63)の場合、ジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督はおよそ5時間20分のディレクターズカットを作りましたが、実際にプレミア上映としてお披露目されたのは4時間05分バージョンで、その後の一般公開では3時間14分まで削られてしまいました。
(現在のBDやDVDではプレミア上映4時間版が流布されています。ディレクターズカットは所在不明)
51t-wjYWGbL

映画にはディレクターズカットを含むさまざまなバージョンが存在する。

そのことが一般的に認知されていくのは、80年代に入ってビデオの時代が台頭してからで、新作映画がビデオ化される際、劇場公開されたものよりも尺が長くなってリリースされる作品が登場し始めていくのです。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ディレクターズカットの仕掛け人

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録