あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2015-11-26

オシャレでシュールで甘美な 食人映画『フリーキッチン』

SHARE

■「キネマニア共和国」

11月28日より食人残酷映画『グリーン・インフェルノ』が公開されますが、ちょうど同じ日に日本の食人映画もお目見えします。
しかし、こちらはある意味オシャレでシュールかもしれません……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街 vol.67》

『フリーキッチン』、最初の肉はお父さんとその愛人でした……⁉
フリーキッチンサブ1

人肉を美味しく調理する母の狂気と
肉の性別や年齢を当てる息子の恋


福満しげゆきの漫画『娘味』を原作とする『フリーキッチン』は、内気でいじめられっ子の高校生ミツオと、美しい母キョウコのふたりきりの、それとなくゴージャスな食卓をまず映し出します。

しかし、食卓に並ぶステーキやらミートロ-フやらといったお肉の類は、どうも母が“調達”してきた人間の肉のようなのです。

ミツオがまだ幼い頃、母は父とその愛人を殺害し、彼らの肉を料理し、食しました。

以来、母は定期的に誰かを捕まえては手際よく料理するようになり、ミツオはいつしかその肉を食べただけで性別や年齢などがわかるような舌を持ち合わせていくようになっていったのでした。

こうした異様な状況から逃れたいと思いつつ、母を憎みきれないミツオは、ある日ペットショップの店員カナと出会い、次第に心惹かれていくのですが……。

完全なるカニバリズムの映画ではあるのですが、本作はあからさまな残酷シーンはほとんど出てきません。
フリーキッチンメイン

まあ、ちょっとばかし血まみれになったりするシーンはありますが、『グリーン・インフェルノ』のような即物的なおぞましいショットはありませんので、私のようにスプラッタ映画が苦手な気の弱い人でも、全然平気で見ていられます。

ただし、そういったシーンを見せず、完成した美味しそうな料理がグルメ映画のように移されていく分、逆に想像の翼が広がってしまって、鑑賞後、あとを引くことにはなるかもしれませんが、全体的にシュールでオシャレな世界観は、どこかブラックコメディ的な情緒を育んでおり、そこがまた妙味ともいえるでしょう。

また、割かしシンプルなストーリーながら、実は用意周到に仕組まれた展開の妙で、ラストに至っては……おっと、これ以上は言わずが花ですね。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら

NEXT|次ページ > しばらくは肉を食べられないような、でも心のどこかで食べたいような

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録