あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

30年間、ありがとう!『さらば あぶない刑事』初日舞台挨拶



03ー01

03ー02


 

舞台挨拶のオープニングで、劇場後方から客席の間を通ってファンとハイタッチしながら登場する登壇者たち。
会場内は黄色い歓声に包まれて、早くも熱狂の渦が…。

 

 

04


 

ステージ上に勢揃いすると、迫力あるキャノン砲が「最後の」初日舞台挨拶の開幕を告げます。

 

 

05


 

鷹山敏樹役、舘ひろしさん。
どの会場でも舘さんが一言お話するだけで、客席からは悲鳴とも感嘆とも取れる声が聞こえてきます。
さすが、ダンディー鷹山!
「この作品は自分にとって代表作のひとつ。こうして多くの人に愛される作品に出会えたことに感謝しています」と、お客様に優しい視線を投げかけてらっしゃいました。

 

 

06


 

大下勇次役、柴田恭兵さん。
「ユージ!」という野太い声援が客席から飛ぶのも、「あぶデカ」ならではの光景。
男性のハートもガッチリ掴む、セクシー大下!
横浜・新宿での舞台挨拶での印象を伺うと、
「横浜では小学6年生、新宿では小学3年生のお子さんが、この映画を観て『面白かった』と言ってくれました!」と、作品の完成度に手応えを感じている様子でした。

 

 

07


 

真山薫役、浅野温子さん。
「タカ、ユージ、トオル。この3人は私にとって大切な存在だったんだと一度でも思ったことが……、間違いでした」と、悪戯っ子のようにジョークを飛ばす浅野さん。
「でも、大事だと思えたことが良かったなと思います」と、ニッコリ。
カオルちゃんのコケティッシュな魅力は、30年経っても健在です!

 

 

08


 

町田透役、仲村トオルさん。
横浜・新宿での舞台挨拶では館さん、柴田さん、浅野さんが自由奔放すぎるため「このメンバーで4番目に発言するのは、とても苦痛」と、終始ボヤいていた仲村さん。
それでも「これでシリーズが最後かと思うと感無量で泣きそうで……。いま、僕の心の中では舘さんが『泣かないで』を歌っています」と、しっかりちゃっかりキメて下さいました。

 

 

09


 

松村優子役、木の実ナナさん。
舘さん、柴田さん、浅野さん、仲村さんのご挨拶を聞いてるうちに、感極まってしまった木の実さん。
すると舘さんが絶妙なタイミングで、

「泣かないで〜♬」

…と、ご自身のヒット曲を披露。

その甘すぎる歌声と茶目っ気に、一同大爆笑!
一気に場が和みました。

 

 

10


 

田中文男役、ベンガルさん。
「30年間ずっと『あぶデカ』をやってたわけではないけれど、こんなに長い時間をこの作品と共に過ごせたことに感謝です」と、感慨深い様子。

 

 

11


 

岸本猛役、伊藤洋三郎さん。
「俳優としての喜びや苦しみ、すべてを『あぶデカ』に教えてもらいました」と、この30年を振り返って下さいました。

 

 

12


 

山路瞳役、長谷部香苗さん。
「『瞳ちゃん、お茶!』の台詞と共に存在を覚えていただけて、感謝しています」と、感無量といった様子でした。

 

 

13


 

浜辺夏海役、菜々緒さん。
シリーズ最後となる本作でのヒロイン役について「出演が決まったときに多くの方から反響がありました」と、菜々緒さん。
「まさか自分が出演させていただくことになるとは…。とても感謝しています」と、笑顔。

 

 

14


 

メガホンを取った、村川透監督。
「『さらば あぶない刑事』というタイトルは、とてもリリカルで魅力的。これこそエンターテインメントだと自負して制作しました」と、村川監督。
シリーズファイナルに賭けた監督の思いが溢れる一言でした。

 

 

15-001


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ファンからのメッセージにサングラスの奥がにじむ…。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録