あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

バットマンVSスーパーマンだけじゃない!こんなにあるぞ「◯◯VS△△」映画!!

SHARE

今年は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の公開があり、そして今月29日に公開を控えている「キャプテンアメリカ シビル・ウォー 」でも、アベンジャーズとしてともに闘ってきたアイアンマンとキャプテンアメリカが2つの派閥に分かれ、ヒーローvsヒーローの熱い戦いを観ることができます。


今年は特にVS映画が熱いですが、VSものは長らく好まれてきました!今回はこれまでの「VS」映画をまとめて参ります。


まず私が「VS映画」と聞いて頭に浮かんだのが…


「スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団」


原題は「SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD」。主人公スコット・ピルグリムが、ある女の子と付き合うために、その元カレ7人を倒していく、というストーリーなのですが、グラフィックも可愛いし、とても気楽に楽しく観られる作品です。私の中で、オススメ映画Top15を聞かれたら入ります!


それでは、さらにさまざまなジャンルのVS映画を見ていきましょう!


エイリアンVS


まずは王道「エイリアンVS」ものを。


・エイリアンVSプレデター





「バイオハザード」の監督、ポール・W・S・アンダーソン (奥さまはミラ・ジョボビッチ)がメガフォンを取った作品。全世界の興行収入は1億7254万ドルと、オリジナルの1作目「エイリアン」が1億0493万ドルだったことから考えて、かなりの人気を博したことがわかります。


・エイリアンVSニンジャ

戦国時代の伊賀にやって来たエイリアンと忍者が戦いを繰り広げるアクションムービー。ハリウッドでリメイクも決まったとか。


エイリアンVSアバター

予告編にもあるように「大人気SFシリーズ『エイリアン』と全世界興行収入No.1『アバター』」を激突させることで、一定の人気を得ようとした模様です…かなりスプラッター感が強い一作。


モンスターVSエイリアン

安心して観られるのが、Dreamworksのこの作品。「エイリアンもの」ではありますがお子さんと一緒に楽しみながら観て頂けます。


エイリアンVSヴァネッサ・パラディ

ジョニー・デップと長く連れ添った(籍は入れていなかったようですが)バネッサ・パラディ見たさに、ちょっと観てみようかな?と思えるこちらの作品。原題は「Atomic Circus」ですが、邦題になると「バネッサ・パラディ」が入り、注目を集めることに一役買っていますが…レビューは辛口のものが多数。


エイリアンVSエイリアン インベージョン

地球侵略のためにやってきたエイリアンが、目指すところが異なり分裂してエイリアン同士の戦いに。…設定だけは「キャプテンアメリカ シビルウォー」に似てるかも!?


ジャンゴVSエイリアン

孤高のガンマンと侵略エイリアンの「荒野の決闘」が描かれた作品。「B級映画ファンにはたまらない」というレビューが多く、逆に観たくなる一作。


ゾンビVS


なんの映画が好き?と聞くと、「ゾンビもの」という答えが返ってきたことありませんか?それだけ一定のファンがいるゾンビもの。


リンカーンVSゾンビ

「リンカーン/秘密の書」では、ヴァンパイアハンターとしてのリンカーンが描かれていますが、こちらの「リンカーンVSゾンビ」では、「リンカーンの裏の顔」として最強のゾンビハンターとしての一面が描かれています。「リンカーンがいなければ世界はゾンビに支配されていたかも」という設定で、作品の中で「人民の人民による人民のための〜」など、実際のリンカーンの名言なども入っているものの、「リンカーン自身も、こんな題材で映画にされるとは思わなかっただろうな」と冷静に思ってしまいます。


ゾンビVSチアガール

高校の時私はチアガールをやっていたのですが、まずこのタイトルを見た時「えっゾンビと戦わせちゃう!?」と思いましたが、「ゾンビvsチアリーダー」というカードゲームも存在するようで、(こちらは、大学の科学部の実験の失敗が生んだゾンビと、そこに閉じ込められたチアリーダーたちが生き残りを掛けて闘う、というゲーム)わりと、「ゾンビ」と「チアガール」は相性のいい組み合せなのかもれません。


ゾンビVSスナイパー

B級映画紹介サイトにて「久しぶりにハイレベルなあたりを引いた」と言わしめるこちらの作品。「素晴らしいZ級映画」との声もあるので、「Z級ってどういうもののことを言うんだろう?」と思った際に参考にしてもらうのもいいかもしれません。


ゾンビVSゾンビ

実験中のうさぎが「ゾンビうさぎ」となり街中の人を襲ってゾンビが増殖するこの映画。そして最終的にゾンビ同士が闘っていきます…。「子供が観たらうさぎ嫌いになりそうだな」「逃げる人の足が遅いな〜」とか突っ込みどころ満載ですが、観た後には自分の心にだけとどめておくのが難しい、ある意味拡散したくなるような作品かもしれません。


ストリッパーVSゾンビ

ある薬を摂取した売春婦たちがゾンビ化し、舞台となるストリップ小屋で、ストリッパーたちと死闘を繰り広げていく、という作品。 スケート靴の歯でゾンビの目を攻撃したり、血がパンケーキにうまい具合に掛かってブルーベリーソースがかかっている風になったり…。自主制作映画風な一作。


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > →まだまだあるぞVS映画!!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録