あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2016-11-14

コラム

第29回東京国際映画祭を振り返り:アニメーション特集「映画監督 細田守の世界」

cinemas_yakumo_vol-82


はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

八雲ふみねです。

01

今年も大盛況のうちに幕を閉じました、第29回東京国際映画祭。

…というコトで。

八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.82

今回は…。

東京国際映画祭レポート第1弾。
アニメーション特集「映画監督 細田守の世界」をレポートします。




 

02
02-02


長編アニメーション映画の制作において、日本映画界を牽引し続ける映画監督、細田守。
最新作『バケモノの子』は、昨年公開された邦画でナンバーワンヒットを記録。
全世界約50カ国で劇場公開されました。

国内外の観客、批評家から圧倒的な支持を得る映像作家、細田守監督の初期作品から最新作までを紹介する、細田守監督初の特集上映となった本企画。
上映終了後には連日、トークショーやシンポジウムが行われ、シネマラウンジや大屋根広場では原画展や海外配給時のポスター展も開催。
八雲ふみねは司会として、その全トークに携わらせていただきました。

NEXT|次ページ > 映画監督×映画監督:意外な関係性に、観客も興味津々!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録