あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

小芝風花「覚えるのも早いんですが、忘れるのも…」:『天使のいる図書館』完成報告会見




 

 

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

八雲ふみねです。

 

 



毎日寒いですね~。

 

 

さて。

 

 
八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.91

 

今回は…。

 

 

 

『天使のいる図書館』完成報告会見の模様をお届けします。

 




 




葛城地域の図書館に、大学を卒業したばかりの新人女性司書が赴任してくる。
彼女の名は、吉井さくら。
“レファレンスサービス”を担当する新人司書として、日々を過ごしていた。
合理的な考え方を持ち、主観で物事を語ることを嫌う性格の彼女は、初めての職場や慣れない環境に戸惑うばかり。
しかし図書館を訪れた老婦人の探しものを手伝うために葛城地域を巡るうちに、地域の歴史や文化を再発見していく…。

美しい自然に囲まれた奈良県の葛城エリアを舞台に、図書館で働く女性が地元住民たちとの交流を通して成長していく姿を描いたハートフルドラマ『天使のいる図書館』。
主演は『魔女の宅急便』「あさが来た」の小芝風花。
共演には『オオカミ少女と黒王子』の横浜流星、『後妻業の女』の森本レオ、『まあだだよ』の香川京子と、世代を超えて豪華なキャストが勢揃い。
監督を務めるのは『桜ノ雨』が昨年の東京国際映画祭で上映されて話題となった、ウエダアツシ監督。
本作の完成を記念した完成報告会見に、小芝風花、横浜流星、ウエダアツシ監督が出席。
八雲ふみねが司会を務めました。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 会見の舞台は、モチロン…。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録