あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-02-09

ニュース

高畑充希&江口洋介が1人2役に。『ひるね姫』スピンオフ短編、配信決定

神山健治監督の最新作、映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』のスピンオフ短編「エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~」が、Huluにて配信されることが明らかとなった。

映画『ひるね姫』スピンオフ短編作品、Huluにて配信決定!


エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~


『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の“もうひとつの物語”として、Huluにて配信されることが決定した短編「エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~」は映画本編の主人公である高校生・森川ココネがみる夢の中に現れるもうひとりの主人公・エンシェンの冒険を描く作品。映画本編にも登場するキャラクターたちの、映画で描かれなかったエピソードが展開される。

エンシェン役は、映画本編で主人公・森川ココネ役の高畑充希が演じるほか、エンシェンと行動をともにする情熱あふれる若者・ピーチをココネの父親・森川モモタロー役の江口洋介が演じる。2人はそれぞれ一人二役に挑戦する。そのほかにも、映画本編で渡辺を演じる古田新太が異端審問官・ベワンを、志島自動車会長役の高橋英樹がハートランド王を演じる。

エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~


今回の発表にあわせて、高畑充希、江口洋介からのコメントがシネマズに到着している。

高畑充希/森川ココネ・エンシェン役


ココネとエンシェン。2人の女の子を声だけで演じ分ける、と聞いた時はかなりアタフタしてしまいましたが、神山監督がそんなに無理して変える必要はないです、と言ってくださったので、安心してアフレコすることができました。ココネにはココネの、エンシェンにはエンシェンの正義を大切に。楽しく演じさせていただけて、幸せでした。

江口洋介/森川モモタロー・ピーチ役


モモタロー/ピーチの二役の演じ分けは意識せずに、すんなり演じられたと思っています。実写の撮影とは違って、画コンテを見ながら声を入れていく作業でしたので、とても新鮮で面白い経験になりました。声だけで表現することがクセになるかもしれませんね。

エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~


短編「エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~」は動画配信サービスHuluにて、3月上旬より配信予定。映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は、2017年3月18日(土)より全国ロードショー。

画像ギャラリー


[gallery size="medium" ids="59612,59613,59614,59615,59616"]

(C)2017 ひるね姫製作委員会
(C)2017 エンシェンと魔法のタブレット製作委員会

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録