あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-03-19

ニュース

『ドラゴン・タトゥーの女』続編、製作決定!

ドラゴン・タトゥーの女 続編


スティーグ・ラーソンのベストセラーを、デヴィッド・フィンチャー監督で映画化した『ドラゴン・タトゥーの女』の続編が製作されることが発表となった。タイトルは『THE GIRL IN THE SPIDER’S WEB(原題)』。

フィンチャー製作総指揮、メガホンはフェデ・アルバレス監督


2011年公開の『ドラゴン・タトゥーの女』は、スウェーデン人作家スティーグ・ラーソンのベストセラー小説を、デヴィッド・フィンチャー監督が映画し、大ヒットを遂げた作品。現在も映画ファンを中心に、名作として人気が高い。このたび製作される続編で『THE GIRL IN THE SPIDER’S WEB(原題)』は、デヴィッド・フィンチャーが製作総指揮に、メガホンとるのは『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス監督。

物語は『ドラゴン・タトゥーの女』で始まる「ミレニアム」シリーズの第4弾で、急逝したスティーグ・ラーソンに代わりダビド・ラーゲルクランツが執筆した「蜘蛛の巣を払う女」が原作となる。

コロンビア・ピクチャーズのサンフォード・パニッチ社長は本シリーズのヒロイン、リスベット・サランデルに関して「リスベットは近年のヒロイン像のなかでは間違いなく、強烈な反骨精神を持った忘れがたいキャラクターです。フェデを本作の監督に起用できたのは完璧な選択だったと思います。彼の並外れた心理的緊迫感を演出する才能と手腕は、リスベットというヒロインが前作以上の強烈な印象を残す作品に仕上げてくれるはずです」と語る。

また、フェデ・アルバレス監督は「この作品を監督できる機会を光栄に思うとともに大変興奮しています。リスベットは、どんな監督でも一度は自分が創り上げてみたいと夢見るキャラクターです。私たちはすでに素晴らしい脚本を完成させています。そしてこれから最高に楽しい段階に進むのです。『リスベットを見出す』という段階に」とコメントした。

映画は2017年の9月からクランクインされ、全米公開は2018年10月5日。日本公開に関しては現在未定。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録