あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-06-27

ニュース

4DX上映、決定!映画『東京喰種 トーキョーグール』

世界累計3000万部の発行部数を誇る、石田スイ原作の人気コミックスを実写化する映画『東京喰種 トーキョーグール』が、4DXデジタルシアターで上映されることが明らかとなった。

東京喰種の世界を堪能せよ!4DX上映決定


東京喰種 トーキョーグール 新メイン


人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生のカネキ(窪田正孝)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼ(蒼井優)の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・トーカ(清水富美加)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく――

東京喰種 トーキョーグール サブ1


映画『東京喰種 トーキョーグール』は、世界累計発行部数3000万部を誇る、石田スイ原作の人気コミックスを実写映画化する作品。あるきっかけで、人の姿をしながらも人を喰らう怪人・喰種と人間の両方の特徴を持つ半喰種となった主人公を中心に、喰種と人間との熾烈な戦い、そして2つの価値観に葛藤する主人公の姿を描く。

主人公の金木研(カネキ)を窪田正孝が、ヒロインの霧嶋董香(トーカ)を清水富美加が演じるほか、鈴木伸之、蒼井優、大泉洋、村井國夫、浜野謙太、佐々木希、栁俊太郎、桜田ひより、相田翔子、小笠原海、白石隼也、古畑星夏、前野朋哉、ダンカン、岩松了らが脇を固める。メガホンをとるのは萩原健太郎監督。



「MX4Dをららぽーと富士見で実際に体験してきました!気になる4DXとの違いは??」より

このたび本作の4DX上映が決定した。4DXとは、映画のシーンに連動して、シートが前後&上下左右に動き、さらに嵐等のシーンでは水が降り、風が吹きつけ、雷鳴に劇場全体がフラッシュするほか、映画のシーンを感情的に盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙りなど、様々な特殊効果で映画の中に入り込んだような体験ができるアトラクション・スタイルの映画上映システム。本作の見どころでもあるの、カネキたち“喰種”と亜門や真戸ら“CCG捜査官”の対迫力の戦闘シーンが、4DXではどのような演出になるのか期待される。

映画『東京喰種 トーキョーグール』は、2017年7月29日(土)より世界公開。

(C)2017「東京喰種」製作委員会