あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-07-05

ニュース

広瀬すず、お尻も小さく…凛と美しい弓道着姿を初披露

河原和音による人気コミックを生田斗真主演で実写映画化する『先生!』から、ヒロイン・響を演じた広瀬すずの弓道着姿が、シネマズに到着した。

広瀬すず「いままでで一番難しかったです」


「自分がその人を好きだって―どうしてみんな、わかるんだろう」高校二年生の島田響(広瀬すず)は、いまだ初恋さえも未経験。そんな彼女は、ある日、ふとしたきっかけで隣のクラスの担任・伊藤貢作(生田斗真)と言葉を交わすようになる。世界史の教師・伊藤は、ぶっきらぼうだが生徒思いのまじめな教師。居残り課題を手伝ってくれたり、夜道で守ってくれたり…伊藤はいつも響に優しかった。そんな優しさに触れ、伊藤を“好き”だと自覚した響は、一直線に恋に走りだすが――

先生! 広瀬すず


映画『先生!』は、「青空エール」や「俺物語!!」の原作など、数々の実写化作を手がける漫画家・河原和音の、累計発行部数570万部を突破する人気同名コミックを実写映画化する作品。ある教師と、彼を一途に想う恋愛初心者の女子高生の純愛を描く。

主人公の教師・伊藤貢作を生田斗真、そして伊藤に想いを寄せる女子高生・響を広瀬すずが演じる。ふたりは本作で初共演を遂げる。そのほか竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、八木亜希子、森本レオらが脇を固める。メガホンをとるのは三木孝浩監督。

映画『海街diary』ではサッカー、『四月は君の嘘』ではバイオリン、『ちはやふる』シリーズでは競技かるた、さらに『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』では本格的なチアダンスと、本作でヒロイン・響きを演じた広瀬すずは、これまで数々の難役をこなしてきたが、本作では弓道に初挑戦する。撮影後には「いままでで一番難しかったです」と明かす。

先生! 広瀬すず 弓道姿


「これまで使ったことない筋肉が必要とされるので、撮影までにしっかり準備しないとなと思いました」と練習に臨んだが、初めて弓をもった日には「立っている姿勢だけでだいぶ辛い」と立ち姿一つをとってもこれまでとは勝手が違ったことを明かしていた。

しかし、一切妥協はせず「腕も細くなりそうだし、お尻も小さくなりそうです。エクササイズみたいな感じで(笑)」と持ち前の明るさを見せながら上達、弓道指導者の元、撮影の1カ月以上も前から猛練習に励み、初挑戦ながら弓道ならではの美しい所作を見事に習得したとのこと。

先生! 広瀬すず 弓道着


このたびシネマズに到着した廣瀬の弓道シーンは、初めて芽生えた恋に葛藤する響の“言葉にならない心情”が、放つ矢を通して感じられる原作でも印象的な場面が。これまでの明るい笑顔の広瀬とは違い、凛とした佇まいから醸しだされる誠実でひたむきな一面が印象的なシーンとなっている。

映画『先生!』は2017年10月28日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

(C)河原和音/集英社(C)2017 映画「先生!」製作委員会





続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録