あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-11-22

ニュース

全米初登場第3位!インド国内興収歴代1位の吉祥開運ムービー!『バーフバリ 王の凱旋』本ビジュアル完成

12月29日(金)より公開の映画『バーフバリ 王の凱旋』の本ビジュアルが解禁となった。




このニュースのポイント


・映画『バーフバリ 王の凱旋』の本ビジュアルが解禁
・本作は全米初登場第3位、インド国内興収歴代1位を記録
・映画『バーフバリ 王の凱旋』は12月29日(金)より公開

「バーフバリ」についての記事を読む

BLUE(青)とYELLOW(黄色)を基調にしたティザー・ビジュアルも劇場設置チラシが僅か数日で無くなるなど大好評。今回のRED(赤)とGOLD(金)を基調にした本ビジュアルは、さらにDEEP IMPACT なオーラ満載!

真紅をバックに、真紅の衣装に身を包んだ“漢(オトコ)の中の漢(オトコ)”=主人公アマレンドラ・バーフバリと、そのハートを射止めた妻=デーヴァセーナの雄姿が浮かび上がるビジュアルは、パワー・スポット感全開! まさに2018年開運の象徴といえる。

『バーフバリ 王の凱旋』に≪映画の神様が降臨≫。本作が映画を≪大衆娯楽の頂点へ≫再び誘う。

前作は2016年にインド映画史上歴代最高興収を達成、日本でも限定公開ながら噂が噂を呼び観客が主人公バーフバリの名前を叫ぶ《絶叫上映》も話題となって異例のロングラン・ヒットを記録、多くのファンを熱狂させた驚異のアクション・エンタテインメント『バーフバリ 伝説誕生』。こちらは、現在ブルーレイ&DVDが大ヒット絶賛発売中、レンタルでも驚異の高回転を記録している。

『バーフバリ 王の凱旋』のあらすじ


遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。国王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の姫デーヴァセーナと恋に落ちる。だが、王位継承争いに敗れた従兄弟のバラーラデーヴァは邪悪な策略で王の座を奪い取り、さらにバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも奪おうとする.

父・バーフバリはなぜ殺されたのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? 自らが伝説の王バーフバリの子であることを知った若き勇者シヴドゥは、マヘンドラ・バーフバリとして、暴君バラーラデーヴァに戦いを挑む!
(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録