あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

ライダーベルトってどうやって出来上がる?特撮ファンが気になる疑問を、篠宮暁がバンダイに直撃!

9月に放送が始まった『仮面ライダービルド』が盛り上がりを見せるなか、世のお父さんたちはクリスマスプレゼントにも悩む時期…ということで、特撮大好き芸人のオジンオズボーン・篠宮暁が株式会社バンダイを直撃!

ボーイズトイ事業部のライダーチームで玩具の企画を行っている井上さんとフナセンさんに、「DXビルドドライバー」の裏話を中心に、最新玩具や過去作品のベルトについても興味深いお話をたくさん伺いました。

さらに、フナセンさんが担当されている大人向けのライン・CSM(COMPLETE SELECTION MODIFICATION)については、後半でしっかりとご紹介します。



写真は企画担当の井上さん

篠宮:まずお二人について伺いますが、ライダーチームとして担当になってどのくらいになるんですか?

井上:僕らちょうど、ライダーチームとしては同期で『仮面ライダードライブ』の終盤(2015年4月)くらいに配属になりました。(2015年4月)

フナセン:そう、3年目ですね。

篠宮:じゃあ、『仮面ライダーゴースト』は頭からガッツリ関わって。

フナセン:そうですね。スタートしはじめくらいかな。

井上:エグゼイドは、まるまる企画のスタート段階から入っていた感じですね。企画担当としては、ビルドが2作品目です。まだまだ歴史が浅いなって(笑)。

でも、僕は以前アパレル事業部に、フナセンはベンダー事業部にいたときにも特撮に関わっていますし、事業部をまたいで同じ作品を担当できることがこの会社の強みでもあると思いますね。




篠宮:井上さんが主に子供向けの玩具、フナセンさんはCSM(大人向けのベルトシリーズ)をご担当されているとのことで、まずは子供向けの玩具についてお話を聞いていきたいと思います。ちょうど、この時期、クリスマスを意識した商品が発売されると思うのですが、2017年はどんな感じなんでしょうか?

井上:今年は、「DX ラビットタンクスパークリング」を12月9日(土)に発売します。仮面ライダービルドが使うアイテムで、缶を振り、プルタブを開けて変身ベルトにセットすると、ビルドがパワーアップするというアイテムです。ヒーローへの変身だけてなく、お風呂上がりに炭酸缶を開けるお父さんの姿への憧れなども体験してもらえたら、と。




これで、ビルドの新フォームに変身するわけですが、ビルドのパワーアップに先駆けて、11月19日(日)の放送で、万丈龍我がビルドドライバーを使って仮面ライダークローズに変身しました。

「DXビルドドライバー」は、元々仮面ライダービルドが各フォームに変身できるアイテムでしたが、11月に仮面ライダークローズの登場で、二人が変身するものになり、より魅力的になりました。そして、12月には、ビルドのパワーアップアイテムが発売されて、さらに遊びの奥行きが出て魅力的な商品になった、という感じです。

お話も盛り上がり、キャラクターにも愛着が湧いたりしてくるタイミングで、玩具展開もさらに盛り上がっていきます。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ライダーベルト開発の裏側

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録