あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-03-08

コラム

サンリオと歌舞伎のコラボ!「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜」が3月10日からスタート




東京都多摩市にあるサンリオピューロランドでは2018年3月10日(土)より新作ミュージカル「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜」が上演を開始。その初日を前にサンリオピューロランドで公開ゲネプロ・記者発表会が行われ、サンリオキャラクターと共に脚本と演出を担当した横内謙介さん、歌舞伎演技指導を担当した市川笑三郎さんが登場しました。




松竹株式会社による全面監修のもと、サンリオキャラクターによる「KAWAII」と歌舞伎という日本の伝統の「和」が融合し、さらにプロジェクションマッピングの演出で今までにない参加型のエンターテイメントショーとなる本ミュージカル。
40分間のショーではピンクの紋付袴姿のハローキティの口上からスタート。「ハローキティ一座」のこけら落とし公演として「桃太郎」が上演されました。



バッドばつ丸とその一味が鬼として登場。



そこに登場したのがシナモロール、ポムポムプリン、ディアダニエルの正義の武者たち。



ハローキティ扮する桃太郎の登場で一件落着。
歌舞伎と同じく、見得をきめた際は会場から「キティ!」などキャラクター名の掛け声が掛けられる場面も。



後半は中村獅童さんが声を担当した鬼が登場。

「みんななかよく」をテーマに友情や、個々の違いを認め合いお互いを知ることの大切さを伝えるハートウォーミングなストーリーが展開します。



フィナーレのミュージカルレビューではハートやリンゴがモチーフの豪華絢爛な歌舞伎衣装に身を包んだハローキティをはじめ、サンリオキャラクターたちによる歌舞伎の演出やアクロバティックなダンスパフォーマンスが楽しめる華やかなエンターテイメントショーとなっています。



終演後には脚本と演出を担当した横内謙介さん、歌舞伎演技指導を担当した市川笑三郎さんが登壇しました。



脚本と演出を担当したスーパー歌舞伎やミュージカルを多く手がける横内謙介さんは「言いたいこととやりたいことが多すぎて、40分間では足りないので、今度は3時間くらいやりたいです」と話すと、歌舞伎での掛け声「大向こう」について「是非、間をおぼえていただいて観客のみなさんがこのショーを育てていただいて、僕たちがびっくりするくらいの盛り上がりがこの劇場に生まれたら良いなと思います」と長期に渡る新作ミュージカルの公演に期待を寄せました。



歌舞伎演技指導を担当した市川笑三郎さんは「キティちゃんはかわいく、ダニエルはかっこよく、ばつ丸は元気よく、プリンは和やかに、シナモは朗らかに、この一座は本当にみんな仲が良い。みんなで切磋琢磨しながらこうして作品が出来上がったのが嬉しく思います」とあいさつ。「歌舞伎ならではの演出と、ミュージカルレビューとしての楽しさを両方味わっていただけると思います。歌舞伎の衣装は大変重いので、たくさん声援を掛けていただけたら」と見どころについて話しました。



また、ビデオメッセージでは声の出演をしている中村獅童さん(二代目)は「歌舞伎役者としてサンリオキャラクターのみなさんとコラボできるのは歌舞伎役者として嬉しい。小さなお子様から、幅広い世代のみなさんに楽しんでいただける作品になっていますので多くの方に見ていただきたいです」とコメント。

歌舞伎のPRキャラクター「かぶきにゃんたろう」と一緒に映像で登場する坂東巳之助さん(二代目)は「普段、歌舞伎にふれることのない小さなお子様たちが歌舞伎に興味を持っていただけるのではないかと楽しみにしています」とコメントを寄せました。



歌舞伎を取り入れた新作ミュージカル「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜 〜ハローキティ一座の桃太郎〜」は2018年3月10日(土)よりサンリオピューロランドのメルヘンシアターで上演開始です。

(C)2018 SANRIO CO.LTD.

(取材・文:中川マナブ(東京散歩ぽ)、撮影:motounagiya)