あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-06-10

ニュース

『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』来年公開、予告編到着!



『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作が邦題『蜘蛛の巣を払う女』として、2019年の公開が決定。予告編と場面写真が解禁された。

原作は、全世界で累計9,000万部以上の売り上げを誇る、スウェーデンのベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ。デヴィッド・フィンチャー監督がその第一部を映画化した『ドラゴン・タトゥーの女』は、世界中で熱狂的な大ヒットを遂げた。本作では、フィンチャーは製作総指揮を手掛け、『ドント・ブリーズ』で世界中を恐怖に陥れ、フィンチャーやサム・ライミ監督もその才能を惜しみなく絶賛するフェデ・アルバレスが監督を務める。

主人公リスベット役を演じるのは、イギリスの実力派女優、クレア・フォイ。またリスベットの過去の真相を握るカミラを『ブレードランナー 2049』での熱演が記憶に新しいシルヴィア・フークスが演じる。

&t=49s

解禁となった予告編や場面写真で、パンク風の特異な風貌、強烈な個性のリスベットは健在。予告編では、天涯孤独で、壮絶な過去を持つリスベットの過去が、あるキーパーソンによって明らかにされていくなか、自らの裁きによって悪を正そうとするリスベットに対し、「皆を助けるのに、なぜあの時...私だけを助けてくれなかったの?」と意味深な言葉をリスベットに投げかける謎の女、カミラ。二人の関係が紐解かれながら、リスベットはジャーナリストのミカエルと再びタッグを組み、新たなる犯罪組織の陰謀に迫っていく様子が描かれている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録