あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-08-17

ニュース

埼玉ディス映画『翔んで埼玉』で二階堂ふみとGACKTが謝罪?加藤諒の出演も明らかに

二階堂ふみ×GACKTのW主演で映画化が発表された、魔夜峰央原作『翔んで埼玉』の公開が2019年2月22日(金)に決定。ティザービジュアルと特報が解禁された。




二階堂ふみ×GACKTのW主演『翔んで埼玉』は、約2か月の撮影期間を経て、2018年5月31日にクランクアップ、そして2019年2月22日(金)に公開が決定した。

まず、どこか神々しい絵画のようなデザインのティザービジュアルが解禁。2人の表情など、未だ全貌は見えないものの、原作の世界観を感じさせ、作品の細やかなクオリティが垣間見られる仕上がり。さらに本作は埼玉をディスる(バカにする)描写が多いことから、二階堂ふみ演じる壇ノ浦百美と、GACKTが演じる麻実麗が、人口730万人の埼玉の皆様へ向け「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい」と謝罪する姿が描かれている。

本編映像初解禁でもある特報は、序盤は某洋画大作を彷彿とさせるスケール感のある雰囲気で描かれているものの、後半は一転、埼玉県人をディスるセリフが続き、しまいには「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」という衝撃的なセリフまで登場する。

そして、映像のラストシーンでは、魔夜峰央原作の『パタリロ!』(白泉社)の舞台版と映画版で主演を務め、摩夜の世界観を表現する上で欠かせない人物・加藤諒が、ひどい扱いを受けながらも、東京で働くことを夢見る埼玉県人役として出演。最高にキレのある埼玉県人を体当たりで演じている。他の出演者は誰なのか、どのようなビジュアルでどのような役を演じるかは続報で明らかになる。



(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録