あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-11-16

ニュース

「パンチパーマは意外と似合っていた」と小澤廉が自画自賛!『新宿パンチ』動画インタビュー公開

2018年12月1日(土)より公開の映画『新宿パンチ』。本作の主演・小澤廉の動画インタビューが到着した。




新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた当作。夜になればネオンが煌びやかに輝き、渇きを感じた男女が入り混じる。そんな欲望渦巻く不夜城の主役はキャバ嬢、風俗嬢ら夜の蝶たち。その供給源は主にスカウトマンが担っている。




そんなユートピア歌舞伎町で、最底辺人生を行く女好きの田舎者・道場方正が足を踏み入れたスカウトビジネス。22歳、童貞、一文無し、フラれた女は100人のスペック最低、パンチ頭の負け犬人生。能天気な破天荒男は歌舞伎町で一発大逆転できるのか? スカウトマンたちのリアルな実態を鋭く描いた、成り上がりエンターテインメント。




道場方正を演じた主演の小澤廉は、この度のインタビュー動画にて、役柄について「嘘をつこうとしても直ぐばれるタイプ。友達になりたい奴だと思った」と笑顔をみせ、さらに自身のパンチ頭姿を振り返ると、「意外と似合っていました(笑)」と自画自賛した。



映画『新宿パンチ』は12月1日(土)シネマート新宿ほか公開。

映画『新宿パンチ』あらすじ




パンチ頭、22歳、童貞、フラれた女は100人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎町へやって来る。女漁りに勤しむ中、ガール ズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。

ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新宿ドラグーンの社員に。女性たちに声をかけては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。ある日、紹介した女性が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争が勃発する。

(C)2018「新宿パンチ」製作委員会

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録