あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「一番マグロ」の盛り上がり、豊洲の今と築地の昔

Embed from Getty Images

東京中央卸売市場の豊洲市場(東京・江東区)で2020年1月5日に初競りが行われました。今回の記事では、「一番マグロ」の盛り上がりから、豊洲の今と築地の昔を映画の視点でお伝えしていきます。

2020年の初競り結果


Embed from Getty Images

020年1月5日の豊洲市場での初競り。注目のクロマグロは、青森・大間漁港から届いた重さ276キロのクロマグロが選ばれました。1キロ当たり70万円の値で落とされ、1体での総価格では1億9320万円。

競り落としたのは、毎年恒例とも言えるマグロ大王の異名を持つ木村清社長(67)の率いる寿しチェーン「すしざんまい」でした。過去には競り負けた事もありますが、2019年の史上最高額となる3億3360万円(278キロ、1キロ当たり120万円)に次ぐ高値を令和初競りで叩き出した格好です。

今は豊洲、昔は築地


2020年になり「豊洲で初競り」という言葉にも慣れてきましたが、その前はずっと築地市場でした。解体工事も進み、2020年の東京五輪では広大な駐車場として活用されます。

そんな今はなき築地市場に迫ったドキュメンタリー映画が『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』です。



(C)2016 松竹



世界一の魚市場「TSUKIJI」と言わしめたその地を1年4か月にわたる長期取材の元映し出した映画で、世界各国で絶賛されました。

ただその地を撮影しただけでなく、市場ならではの用語についての解説であったり、市場を活用する料理人への取材なども敢行だれました。




「初・ドキュメンタリー映画」の人にも最適


「ドキュメンタリー映画見たこと無いし、何か難しそう」と思われる方もいらっしゃると思いますが、この映画はそんな方にもオススメです。

カット割り(画面が切り替わる回数)が多く、次から次へと視覚的に楽しめる映像がなだれ込んできます。単調に築地市場を映し出すのではなく、多くのインタビューも踏まえて非常にスピーディーにストーリーが進んでいくのです。

それでありながら、スローモーションも多様されており短い1カットに職人の技が刻み込まれているのです。

私個人の感想としては、「ドキュメンタリー映画を見てるということを忘れた」というところです。

さあ、今こそ!


豊洲市場も落ち着いてきた今こそ、築地の在りし日の姿を一度映画で楽しんでみましょう。

築地市場はもうありませんが、市場の楽しさを知ることができ、築地場外市場や豊洲市場、また全国の市場を楽しみたいと思うこと間違いなしです。

b_hulu
b_unext
b_amazon
b_jcom
b_auvideo
b_rakuten
b_itunes
b_googleplay


(文:柳下修平)