あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-01-16

ニュース

【新場面写真】ピーター・ジャクソン『彼らは生きていた』|2020年1月25日(土)公開

『彼らは生きていた』|2020年1月25日(土)公開



『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどで知られる名匠ピーター・ジャクソン監督の最新作『彼らは生きていた』(原題:They shall not grow old)の日本緊急公開が決定。新場面写真が到着した。

本作は、第一次世界大戦の終戦から100年の節目を迎えイギリスで行われた芸術プログラム「14-18NOW」と、帝国戦争博物館の共同制作で、帝国戦争博物館に保存されている記録映像を再構築することで誕生したドキュメンタリー映画。




ジャクソン監督は、2200時間以上あるモノクロ、無音、経年劣化が激しく不鮮明だった100年前の記録映像に、修復、着色、3D化という3段階の作業を400人以上のアーティストを動員し実施。修復作業には、バラバラのスピードで撮影されていた古い映像を現代の24フレームに修正するため、足りないフレームを作成するなど、今までにない最新のデジタル技術が施されている。




また、大戦当時は録音技術がなかったため、BBCが所有していた600時間以上ある退役軍人たちのインタビュー音声や、兵士たちが話す口の動きを読唇術のプロが解析した言葉や効果音を追加。完成作はまるでジャクソン監督に魔法をかけられ、命を吹き込まれたかのようだ。

新場面写真は、金色の装飾が施されたドイツ軍のヘルメットをかぶって戯けるイギリス兵らの姿を捉えた写真など5点。本作は第一次世界大戦の現実を映し出す中でイギリス兵とドイツ兵が敵同士だったにも関わらず、ひとりの個人としていつしか共感し合った場面も映し出されている。




また、2月に公開となる『1917 命をかけた伝令』に出演しているジョージ・マッケイとディーン・チャールズ・チャップマンが本作を鑑賞しており、チャップマンは「役作りのために『彼らは生きていた』を見て、指輪(『1917』で重要な小道具となる)をつけた」と語っている。『1917』を楽しむためにも事前の鑑賞をおすすめしたい。(参照:https://www.cnet.com/news/oscar-2020-nominee-1917-got-its-one-shot-approach-because-of-james-bond/

作品情報


製作・監督:ピーター・ジャクソン『ロード・オブ・ザ・リング』
原題:THEY SHALL NOT GROW OLD
2018年/イギリス・ニュージーランド/英語/パートカラー/アメリカンビスタ/5.1ch/99分/R15+
配給:アンプラグド
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

[gallery ids="117658,117659,117660,117661,117662"]

⇒他の記事も読む