あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-03-31

コラム

100分以下!コンパクトに楽しめるおもしろ映画7選!




新型コロナウイルスの影響で、ご自宅で過ごされている方が増えております。「シネマズPLUS」では、ご自宅での映画鑑賞体験の最大化のために動画配信サービスを中心にご覧頂ける作品の紹介を、編集長チョイスで今後毎日2-3記事更新してまいります。

第3弾は「100分以下!コンパクトに楽しめるおもしろ映画7選!」です。

・第1弾:ハッピーエンドな「爽快ラブコメ映画」オススメ7選!

・第2弾:思わず踊りたくなる!オススメ映画7選!

編集長YouTubeでも発信中


今回の記事は、「シネマズPLUS」編集長の柳下修平の個人YouTubeでも展開しております。文章とは雰囲気は異なるため合わせてお楽しみください。



その1:『言の葉の庭』





『君の名は。』『天気の子』の新海誠監督が原作・監督・脚本を担当した新海節全開の繊細なアニメーションです。

新宿御苑を中心とした現代の東京が舞台で、「男子高校生」と生きることに不器用な「年上の女性」の交流を丁寧に紡いでいきます。

とにかく美しく、切なくも淡く心が和む映画です。上映時間は50分以下でとても見やすいです。

桜が終わってからの新緑の梅雨時期を描くので、コロナが落ち着いてくれたらその後に御苑に行こうと思える作品でもあります。そういった願いも込めて、いかがでしょうか。

その2:『バンテージ・ポイント』





これは、もう、めっちゃ面白いです!

アメリカ大統領銃撃事件の真相を描く映画で、サスペンス・アクションといったところです。

しかし!構成がとても独特!8人の目撃者、8つの異なる視点で追っていきます。

冒頭10分くらいで大統領が銃撃されたと思ったら、時間が戻って別の人物の視点でまた銃撃事件が描かれる。違う視点の繰り返しで、真相が徐々に明らかになっていきます。

頭を使う映画ですが、90分ほどの映画なので問題なしです。

その3:『おとなのけんか』





これもめっちゃおもしろいです!

大人がひたすら口論する会話劇で、元々舞台コメディーだったものが映画化されました。

子ども同士のケンカを解決するため集まった2組の夫婦(合計4人)が、解決策を話し合っていくのですが、徐々にバトルに、そして修羅場に陥って予想外の方向に話が転がっていきます。

「会話劇」の面白さを堪能でき、時間も短いので、新しい映画の世界を味わって頂きたいです!

その4:『美女と野獣』





多くの方がご存知の王道ディズニーアニメーション。

東京ディズニーランドの新エリアオープンが控える中で改めてご覧になってみてはいかがでしょうか。

魔女によって醜い野獣に変えられた王子と、"美女"ことベルの心の交流を描きます。

ご覧になられたことない方は、「あ、これそんなに長くないんだ」という考えからでも良いので、このタイミングで是非いかがでしょうか。

その5:『ヒックとドラゴン』





新海誠監督作品やディズニー映画などの超王道を紹介してきましたが、これも是非紹介させてください。

少年とドラゴンとの出会いと友情を描いた3Dアニメーションで、世界中で大人気の児童小説が原作です。

二人(娼年とドラゴン)が巻き起こしていく事件と言いますか、"奇跡"を描く作品で、感動的な物語です。

とにかく壮大な世界観、ワクワクする映像と音楽が癖になります。癖になった方には続編もオススメです!

その6:『リトル・ミス・サンシャイン』





全世界で大絶賛され、アカデミー賞にもノミネートされたファミリーロードムービーです。

美少女コンテストへ参加する子供のため、貧乏家族が黄色いワゴン車に乗ってコンテスト会場を目指す"だけ"の映画です。

家族は貧乏で、おバカで、心もバラバラ、でも旅を通して一つになっていく家族に感動します。

最後はすごく"ダサい"ダンスのシーンがあるが、なぜか爆笑しながら泣いてしまうほど感動します。

その7:『キューティ・ブロンド』





ラブコメの項目で紹介しようか迷いましたが、この切り口でご紹介です。

陽気で天然なブロンド美女のエルが大学で巻き起こす大騒動を描きます。おバカな印象のあるエルが、失恋をきっかけにロースクールを目指していくサクセスストーリーです。

元カレを追ってロースクールを受験するも、より広い世界へ飛び出していくのが痛快・爽快。

見た目で馬鹿にされたことを跳ね返す映画なので、自分に照らし合わせて元気が出る方もいらっしゃると思います。

見た目で判断するのは本当バカバカしいとも改めて思います。

※こちらの記事は、冒頭で紹介したYouTubeの内容を文章化し編集したものです。