あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-05-19

コラム

【映画ソムリエ厳選】これからのおうち映画を充実させる5つのアイテム

SHARE




こんにちは、映画ソムリエの東です。

昨年、出産してからお家で観られる配信系などの映画のお仕事をうんと増やしてきました。毎日必ずお家映画、しています。

そんな"おうち映画のプロ"でもある自負するわたしが、毎晩実際に使用している映画鑑賞時におすすめのリラックス・美容・ストレス解消を手伝ってくれる“選りすぐりのとっておきアイテム”をご紹介します。

時間を有効に。自分をいつくしむ時間へとしっかりと変換させましょう。

映画を観ながら、癒やされる。きれいになる。元気になる。

全部、叶います。おうち映画の充実感を高めましょう。

おすすめアイテム1
リラックス効果抜群のハンドケアアイテム





スマホ時代を生きる私たちにとって、働き者の私たちにとって、手の疲れって実はとても溜まっているんです。

首肩腰が定番の"コリ"かと思いきや、手にまでここまで疲れが溜まっているなんて驚きでした。

私が使っているルルドハンドケア(アテックス)はモードは二つ。

マッサージ後は綿菓子に触れたときのようにふわりと手が軽くなり、あたたかくなります。女性は末端を冷やしてはいけないですし、一番がんばってくれているハンドのケアは日常の習慣にしてしまいましょう。

ハンドリフレの施術を受けながら映画を観ているのとほぼ同じです。ちなみにルルドハンドケアシリーズは、絶対にコードレスタイプがおすすめです。

ソファーで観る時、机の上でタブレットなどで観る時、臨機応変に運べます。ちなみに東は、寝る前布団の中でも使います。これを使ってから入眠に入るとほんとに深く眠れるんですよね。回し者ではありませんよ(笑)

おすすめアイテム2
旅した気分になれるCoffee





コーヒーに紅茶、ソフトドリンクにアルコール。映画を見ながら飲みたいのは常温の水やいつも家に置いてある麦茶(麦茶も大好きですが...)では正直なところ、味気がないものです。

なので"小さじいっぱいくらいの特別感"のあるものをチョイスしましょう。

紅茶とコーヒーフリークのわたしがおすすめするのは、外出がなかなかしにくい今だからこそためしてみてほしいのがUCC旅カフェドリップコーヒーご当地珈琲めぐり。自宅にいながら、いろんな場所に思いを馳せることができるのですから!

東京、金沢、名古屋、神戸、札幌、仙台、博多、広島と全部で八つの都市の味が楽しめるドリップバッグですが(撮影時に金沢は飲み干していた…笑)それぞれ本当に味が違うのです!楽しく味比べする時間も丁寧なくらし的な要素があって、またいいですよね。

おすすめアイテム3
頭皮の血行をよくしてコリをほぐすアイテム





映画中にキレイになる。これ、わたしのモットーですが、ヘアケアこそ自宅の映画時間に最適な美容。髪を解かすときには、腕を上げますよね?映画館ではできないけれど家では、誰にも迷惑をかけずにすみます。

なので自宅映画タイムで必ず取り入れているのが頭皮ケア。東は、かなり真剣にヘアケアに取り組んでいるので産後ですがヘアトラブルはほぼありません。
おすすめなのはUKAのケンザン(ソフト)とavedaのパドルブラシ。

UKAのケンザンはツボ押しに。お風呂用ですが普段も使えます。

そして、AVEDAのパドルブラシは名前入りの刻印サービスをつけてもらったので我が子のように愛おしいのですがこれが使える名品!髪にとって血行が最も大事です。なので前から後ろに、だけでなく「後ろから前に」をとにかく徹底してください。継続していると、やるのが当たり前になってきて気持ちよくなり、全く苦じゃありません。

髪が少なくなってきたり、パサついたりしてる方、バサバサの方。

良いシャンプーコンディショナーに買い換えるよりも頭皮の血行を意識してください。映画時間に頭皮ケアすることを習慣づけること、おすすめします。

おすすめアイテム4
リラックス効果バツグン!アロモアミニのディフューザー





アロマ大好きな東がたどり着いたのがこのアロモアシリーズ。

スイッチ1つでお部屋が良い香りになる。ディフューザーは種類が多いですがこちらを推す理由はズバリ、楽さ!!こちら気化式でアロマディフューザーにありがちな面倒なケアが一切いりません。水を使ったディフューザーはカビのケアだったり案外大変なんですよね…。

でもこれはそんな心配なし。蓋を開けて、お好きなオイルをぶっさすだけです(言い方…)。本当に気軽に使えるので、アロマライフへのハードルが下がりました。

サイズも手のひらサイズでモードは120分で自動オフされます。ちょうど映画の時間にぴったり!

元気になりたいときは柑橘系、リラックス効果がほしいときはラベンダーなど。部屋の隅や玄関あたりに置いておくと、家中がふんわり香っていてお客様にも褒められアイテムです。アロマを使用しながら映画を観ていると自分を労っている感もすさまじく、精神衛生上にも良質な効果を生み出します。

おすすめアイテム5
きらめく上半身に!マッサージオイル





映画の時間はリンパをほぐしましょう。特に鎖骨と首周りのケア。このあたりがモサっとしているとどうしてもおばさんっぽく見えます。できる限り、首と肩は華奢でいたほうが良いです。

まず首の胸鎖乳突筋をほぐし、鎖骨を内側から外側へとマッサージ。最後に脇下のリンパのゴミ袋を刺激します。ちりも積もれば山となる。続けていると埋もれていた鎖骨がこんにちは、ですよ。

映画を観ながらやると無心になってできますのでおすすめです。オイルでしたらお好みのもので構いませんが東の好きなものを紹介しておきます。

「嫌いな人がいないのでは?」と言われるほど人気の香りがするモロッカンオイルが昨年から販売するようになったモロッカンオイルボディ ドライボディオイル。

引き締め効果の高いエッフェオーガニック ボディリファイリングオイル。

髪にも使えるカリタ14トリートメントオイル。

どれも香りも使用感も格別!

テレビ電話での会議が増えた昨今モートワークで大事なのは、上半身です。

しっかりほぐして映画時間を美容時間に直結させましょう!



Photo by Samantha Gades on Unsplash 



というわけで、おこもり映画をより良い時間にするアイテムの紹介でした。

紹介しきれなかったものもあるため、また機会がありましたらこの場を借りてご紹介させていただきますね。

みなさんの映画ライフが、もっともっと充実しますように!

(文・写真:東紗友美)