あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-08-28

コラム

オーラ0の亀梨和也『事故物件 恐い間取り』の魅力を探る



 (C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会



『リング』シリーズや『スマホを落としただけなのに』シリーズなど、ホラー&サスペンス映画でヒット作、話題作を量産し続けるJホラーの匠・中田秀夫監督待望の新作映画が『事故物件 恐い間取り』。

原作は実際に事故物件に住み続けている芸人の松原タニシによる、実体験を基にした『事故物件怪談 怖い間取り』。主役の売れない芸人役にはなんとKAT-TUNの亀梨和也が演じています。

トップアイドルの亀梨和也ですが、完全にオーラを消し去っています。彼を支えるメイクアシスタントに『あなたの番です』の怪演で大ブレイクした奈緒、大作のヒロインに抜擢されました。そして、おめでたい話が飛び込んできた瀬戸康史がヤマメの元相方を演じています。

映画『事故物件 恐い間取り』のストーリー


&feature=emb_title

お笑い芸人の山野ヤマメは相方の中井とお笑いコンビ・ジョナサンズを組んでいましたが、結成から10年の間全く売れず、コンビを解散することに。中井は放送作家への転身することができましたがヤマメはピン芸人としてやっていく自信も術もありません。

そんな中、番組プロデューサーに「事故物件に住んで、何か怪奇現象が起きないかどうかを撮影して来い」という無茶ぶりをされます。他にやっていくこともなく、言われるがまま、指定されたアパートに引っ越したヤマメ。そこで、彼は怪しげな影の撮影に成功します。この映像が採用されて、番組に出演することができたヤマメは、その後もレギュラーや東京進出を餌に事故物件を転々とすることになります。

一方で、ジョナサンズのファンだった梓はメイクアシスタントとしてテレビ局に出入りするようになりヤマメや中井と再会できたことに喜びますが、ヤマメが心霊関係の仕事をしていることを心配します。実は梓は霊感のあるタイプで、過去にも様々なものが“見えてきた”過去がありました。ヤマメの新居に招かれた梓はそこで、かつてその部屋で起きた惨劇を目撃してしまいます。

その頃から、ヤマメと中井の周りで奇妙な出来事が起き、二人は交通事故に立て続けに遭ってしまいます。これ以上は危険だと梓と中井はヤマメを止めますが、一方で自身の恐怖体験をまとめた本やイベントが大成功してヤマメは売れっ子になっていきます。そして、待望の東京進出・全国ネットの番組に出演決まり、とっておきと太鼓判が押されるほどの問題の事故物件にヤマメは転居します。

新居についた直後に気を失ったヤマメ、しかしそれは恐ろしい怪奇現象の本の始まりでしかなかったのです・・・・。



Jホラーの匠の最新作にして新境地!!




 (C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会



まず中田秀夫監督が昨年の『貞子』に続いてホラー映画を手掛けてくれたことが嬉しいです。『スマホを落としただけなのに』にシリーズなどのサスペンスや舘ひろし主演の『終わった人』などバラエティ豊かな作品を手掛けてきましたが、やはりホラー映画がホームグランドですね。

『リング』シリーズや『女優霊』、『劇場霊』などの日本のホラー映画の歴史に残るヒット作を連発する中田監督ですが、今回の『事故物件 恐い間取り』でも安定のホラー演出を堪能させてくれます。

その一方で、今までの作品のように大きな恐怖の根源が登場するのではなくて、その場その場(事故物件)で全く違う起源の怪奇現象を描いているので、今までの中田秀夫監督作品群と比べると全く新しい視点を感じることができます。

『リング』の貞子や『女優霊』の女優、『劇場霊』の人形などのように強烈な恐怖の根源を用意すると物語の大きな牽引役を得ることができるので映画がパワフルになりますし、シリーズ化なども容易です。ただ、恐怖の根源を限定してしまうとどうしても、もたらされる恐怖のバリエーションが限定されてしまいます。
今作『事故物件 恐い間取り』は転居先ごとに全く違った事情があることを、有効活用して(?)バリエーション豊かな恐怖現象が描かれています。
むしろ恐怖の描写で言えば、『呪怨』シリーズに近いものがありました。

『リング』から20年以上が経ち、その間に空前のJホラーブームが起き、ハリウッドにまで輸出されましたが、その後、粗製乱造気味になりいつしか下火になってしまい、公開本数も激減、また作品の製作規模を小さなものになってしまっています。

□Jホラー、1996年から今日までの20年の歩み

そんな中で、実績のある監督と、名の通った出演者によって全国公開規模の作品が作られたことは素直に喜んでいいと思います。
映画としてはかなり明確に章立てされた、ある種のオムニバス映画の形式なのですが、中田監督の作品で、こういうスタイルの作品はなかったので新鮮でした。
ホラー邦画の地位を守らなくてはいけない一本でありながら、実験精神を忘れない作りにもなっていて、緩急のついた娯楽性を兼ね備えたホラー邦画に仕上がっています。

オーラゼロ!! 売れない芸人になり切った亀梨和也




 (C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会



そして、現実の松原タニシに当たる山野ヤマという売れない芸人を演じるのがなんとKAT-TUNの亀梨和也!!まさか、まさかのトップアイドル亀梨和也の登場です。

しかし、山野ヤマメは映画の成り立ち上、売れない芸人であるとともに恐怖の目撃者として見る者(観客)を牽引する必要性があります。

情けない芸人として姿と物語を引っ張る姿という、相反する立場を演じるには亀梨和也くらいのスターの側に針が振れた方が良いのかもしれません。

亀梨和也は関西芸人に話を聞いたり、ライブを見たりと自主練を重ね、に遭わない女装姿などを披露します。自身の役どころのモデルとも言える松原タニシとも積極的にコミュニケーションをとって、細かい癖なども取り入れるなど、全くオーラのない売れない芸人像を創り上げました。

ただ、松原タニシが現場に現れると機材トラブルが続く、などのトラブルが続出して現場を凍り付かせたそうですが…。

亀梨自身も様々な経験をした今だからこそできた役柄だと言っていい、作品と自分の演技に自信を見せています。

現場ではメジャー作品としては初のヒロインとなった奈緒や、相方として共通した出番も多い瀬戸康史と積極的にコミュニケーションをとったりと場を和ませる一面も見せ、頼りがいのある座長だったという話も聞こえてきます。

亀梨和也は、映画デビューこそ『ごくせん THE MOVIE』という王道でしたが、その後は『俺俺』や『美しい星』などなど、意外と責めたチョイスをしているので、ドラマとは一味違う“映画俳優”亀梨和也を見ることができます。

『事故物件 恐い間取り』を見たら…。




 (C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会



中田秀夫監督関連作品は現在Netflix、Amazonプライムなどのサブスクリプションで多くの作品を見ることができます。お薦めはやはり世界的ホラータイトルとなった『リング』で、関連作品の『らせん』『リング2』、さらに約20年ぶりに中田監督がシリーズ復帰を果たした『貞子』もあります。非シリーズモノには『クロユリ団地』『仄暗い水の底から』などの“物件系”の作品もあります。

また、『リング』が映画初出演作でもあった竹内結子が出演してる『残穢-住んではいけない部屋-』『クリーピー 偽りの隣人』などの物件系に手を出してみるのもよいかと思います。

物件系で言えば一大シリーズを形成している“呪怨”シリーズもあります。Netflixではオリジナルドラマシリーズの『呪怨 呪いの家』を含む映画シリーズが網羅されています。

洋画で言えば、こちらも独自のシリーズを展開している『死霊館』シリーズがあります。

スピンオフの『アナベル』シリーズなども見ることができます。また、低予算ながらも大ヒットし、シリーズ化された『パラノーマル・アクティビティ』やメタ的な楽しみ方ができる『キャビン』、そして巨匠スタンリー・キューブリックによる呪われたホテルを舞台にしたいスティーブン・キング原作の大作『シャイニング』もあります。

『事故物件』などの洋画邦画の物件系ホラーの見比べてみるのも正しい残暑の過ごし方になるのではないでしょうか?

(文:村松健太郎)