あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-02-16

公開情報

『ブックセラーズ』4月23日に公開決定|ポスタービジュアル解禁



世界最大のニューヨークブックフェアの裏側から本を愛するブックセラーたちの世界を追ったドキュメンタリー『ブックセラーズ』が4月23日(金)より公開されることが決定し、ポスタービジュアルが完成した。

ニューヨークブックフェアの裏側から<ブックセラーズ>の世界を紐解いていく本作。<ブックセラーズ>とは単に本を売るだけでなく、<本を探し、本を売り、本を愛する>人たちであり、映画には、ニューヨークの老舗書店の人々から業界で名を知られたブックディーラー、希少本のコレクター、古書業界に新しい風をもたらす若手から伝説の人物まで、さまざまなブックセラーが登場する。彼らは本をビジネスとして扱うだけでなく、本への愛情に溢れており、中にはユニークなキャラクターの持ち主もいる。

辛辣でありながらユーモアあふれる語りで、映画の要所に登場するのは NY 派の作家、フラン・レボウィッツ。マーティン・スコセッシの新作ドキュメンタリーシリーズ『都市を歩くように -フラン・レボウィッツの視点-』(Netflix)の主人公である。また、ビル・ゲイツによって史上最高額の 2800 万ドル(約 28 億円)で競り落とされた本「レオナルド・ダ・ヴィンチのレスター手稿」や、「若草物語」のオルコットが偽名で書いたパルプ小説、宝石が施された本、人間の皮膚で作られた本など、コレクターしか見ることのできないような希少本が多数紹介されるのも本作の魅力のひとつ。監督を、ドキュメンタリーで活躍してきた D・W・ヤングが、製作総指揮でナレーションを“インディペンデント映画の女王”と呼ばれる女優のパーカー・ポージーが務めた。
 

作品情報

監督・編集 : D ・W・ヤング|製作総指揮: パーカー・ポージー|アメリカ映画 | 2019 年 |99 分|字幕翻訳 : 斎藤敦子|配給:ムヴィオラ、ミモザフィルムズ
公式サイト:http://moviola.jp/booksellers/
4 月 23 日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、UPLINK 吉祥寺ほか全国順次公開

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録