あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「天国と地獄」も絶好調!高橋一生のキャリアで輝く5本の映画



ドラマ「天国と地獄」より

男女が入れ替わる映画やドラマは今に始まったわけではありませんが、現在放映中のドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」は刑事と殺人鬼が入れ替わるという奇抜な設定の中、綾瀬はるかと高橋一生の入れ替わり演技の妙も鑑賞の大きなポイントとなっています。

では今回、高橋一生にスポットをあて、彼のキャリアを振り返ってみることにしましょう!

少年時代の高橋一生を愉しむ
『よい子とあそぼう』『耳をすませば』

高橋一生は1980年12月9日生まれ。

実は子役出身で、1990年の『ほしをつぐもの』映画初出演を果たしています。



以後、多くの作品に出演していますが、その中の1本が1994年の『よい子と遊ぼう』。

退屈しのぎのゲームとして窃盗を罪悪感のかけらもなく楽しんでいる塾仲間の5人組中学生の前に、謎の覆面男が金属バットで襲いかかっていくという、都市伝説感覚のサスペンス・ホラ―作品です。

襲われてもどこかヘラヘラしている中学生たちの危うい心理とフィーリングを巧みに描出した監督の平山秀幸と脚本の奥寺佐渡子は、この後『学校の怪談』シリーズでさらに才能を開花させていくことになります。

さて、悪ガキ5人組のひとり並夫に扮しているのが高橋一生で、ちょうど中学校時代に出演した作品。

立ちション姿を披露したり「ビンビンに勃ってる!」みたいな下ネタ台詞を発したりと、イッセイ・ファンにとってまさにお宝作品といえるでしょう



また、スタジオジブリの名作アニメーション映画『耳をすませば』(96)でヒロインの相手役・天沢聖司の声を彼が務めていることも、ファンなら先刻ご承知のとおり。

ラストで彼が叫ぶ一言は、ファンならずとも嬉し恥ずかしの胸キュン名台詞でしたね。
(実は1991年『おもひでぽろぽろ』でも、ヒロインの小学校時代のクラスメイトの声を務めていたのでした!)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 記念すべき初主演映画 は?

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録