あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

高畑充希が輝く名作映画5選!舞台も映画もドラマも意欲的!

SHARE



2021年3月より日生劇場にて上演中の「ウェイトレス」に主演している高畑充希。

実は昨年5月より「ミス・サイゴン」に主演する予定だったものの、コロナ禍の影響で中止となった悔しさをバネにした名演を披露してくれるものと、ファンの期待は高まるばかりです。

今年は既にTVドラマ「にじいろカルテ」が先ごろ好評のうちに終了し、5月28日からは菅野美穂、尾野真千子らと共演する映画『明日の食卓』も公開と、波に乗る彼女が輝いている映画を選んでみました!

記念すべき初主演映画
『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16)



『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』は、有川浩の同名恋愛小説を原作にした、高畑充希の初主演映画。

何をやっても上手くいかないOLさやか(高畑充希)が、ある日マンションの前で行き倒れになっていた青年イツキ(岩田剛典)を“拾い”、共に生活するようになっていきます。

野草に詳しいイツキにどんどん魅せられていくさやか。しかし、あるとき突然彼は「ごめん、またいつか」と置手紙を残して消えてしまいます……。

原作のカップルは有川浩ファンの間でも特に人気の高いとのことで、そのふたりを高畑充希と岩田剛典がさわやか&切なく好演し、結果として両者ともに日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するに至りました。

ちなみに本作が公開された2016年、高畑充希はNHK朝のテレビ小説「とと姉ちゃん」に主演し、国民的人気を得るようになったのでした。

この世とあの世の狭間で大事件!?
『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17)



『DESTINY 鎌倉ものがたり』は、『アルキメデスの大戦』などの山崎貴監督が、出世作『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの原作者・西岸良平のもうひとつの代表作を映画化した、あの世とこの世の狭間を曖昧にしたファンタジック・ラブストーリー。

鎌倉に住むミステリー作家の一色正和(堺雅人)と結婚した亜紀子(高畑充希)が、妖怪や幽霊と人間が仲良く暮らす鎌倉の街(!?)にだんだんなじんでいきながらも、やがて大変な事件に巻き込まれていくさまが、山崎監督作品ならではの華やかで楽しいCGショットを駆使しながら描かれていきます。

ちょっと天然が入っている新妻ヒロインを高畑充希が実に愛らしく演じているのもファン垂涎ではあることでしょう。

NEXT|次ページ > 『旅猫レポート』『こんな夜更けにバナナかよ』『ヲタクに恋は難しい』

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録