あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『太陽は動かない』日本映画史に刻まれる特大スケールのバディ映画が誕生!



『怒り』『悪人』などのベストセラーで知られる人気作家・吉田修一の同題小説『太陽は動かない』を、『海猿』『MOZU』の羽住英一郎監督が映画化。主演は藤原竜也、共演に竹内涼真、佐藤浩市など。ブルガリアでの大掛かりなロケーションなど、日本映画になかったスケールを感じさせるスパイアクション大作映画に仕上がっています。映画と同じスタッフ・キャストによって同時進行で、WOWOWオリジナルドラマ『太陽は動かない―THE ECLIPSE―』が製作されたことも話題になっています。

ストーリー

謎の組織・AN通信のエージェント・鷹野(藤原竜也)と相棒の田岡(竹内涼真)の心臓には爆弾が埋め込まれており、24時間ごとの定期連絡を怠ると爆死するようになっている。24時間ごとに死の危険が迫る極限状態の中、二人は全人類の未来を決める次世代エネルギーの極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちと命がけの頭脳戦を繰り広げる。 



世界を股にかける壮大なスケール

『海猿』『MOZU』のスタッフがさらなるスケール感を目指して制作したのがこの『太陽は動かない』。

『エクスペンダブルズ』シリーズなどのハリウッド大作も手掛けたブルガリアのB2YProductionsが製作チームとして全面参加。首都ソフィアの市街地を封鎖したカーチェイス、爆破アクションは日本では実全不可能なリアリティ与えています。



さらに同国内の撮影スタジオでは大掛かりなオープンセットを創り上げ、インドとキューバ、鷹野とデイビッド・キムが格闘シーンを展開する中国の高層ビルの天窓シーンなどが撮影されました。また鉄道を終日借り切って実際に走らせながら撮影するということも実現、日本ではまず不可能な撮影によって作られたシーンが連続します。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 藤原竜也×竹内涼真 初共演にして最高のバディに!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会