あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

藤原竜也主演が熱い映画5選!『太陽は動かない』でも熱きタフガイを熱演!



3月5日公開の『太陽は動かない』は、24時間ごとに本部に連絡しないと心臓の起爆装置が発動して爆死してしまう「AN通信」エージェントたちの決死のミッションを描いたスパイ・アクション映画。

藤原竜也と竹内涼真が世界中を駆けまわる、日本映画離れしたスケールの大きな作品に仕上がっています。

これまでも熱く熱く熱すぎるほどの存在感をもってさまざまなタフガイを演じてきた藤原竜也は今回も絶好調!

そこで今回は藤原竜也が熱かったこれまでの映画をご紹介!

藤原竜也の映画の原点
『バトル・ロワイアル』

1982年5月15日、埼玉県生まれの藤原竜也は、1997年の蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」主役オーディションでグランプリを受賞し、俳優デビュー。

この時点で既に「天才新人俳優現る!」とも謳われた彼は、2000年に『仮面学園』で映画デビュー。



そして同年の暮れに公開された深作欣二監督『バトル・ロワイアル』でその存在感を決定的に銀幕にたたきつけることになりました。

少年犯罪や校内暴力が横行する新たな世紀のある国がBR法を制定。

かくして、中学生1クラスの生徒たちを無人島に閉じ込めて、最後のひとりになるまで殺し合いをさせるという、無慈悲な環境に追いやられた思春期の子供たちの決死のサバイバルが描かれていきます。

高見広春の原作小説が発表された段階から激しい賛否両論を呼んだ問題作を、深作欣二監督はあたかも『仁義なき戦い』思春期版ともいえる意欲をもって、子どもたちの悲痛な青春群像劇として熱く熱く描いていきました。

こうした深作監督のエネルギッシュな演出に生徒のひとり七原秋也を演じた若き日の藤原竜也は大いに刺激を受け、その影響を受けることになっていきます。

この『バトル・ロワイアル』、劇場公開版の後、青春色を強めた特別編(01)に3D版(10)、また続編『バトル・ロワイアルⅡ【鎮魂歌】』(03/深作監督の遺作で、息子の深作健太が後を継いで完成)も作られています。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 藤原竜也、闇の魅力が開花『デスノート』2部作

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録