あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-03-06

その他

家飲みのレベルが向上した今、家で映画を観る時に飲みたい酒と肴



新型コロナ感染症の拡大に伴い、家で映画を観る機会が増えたという人も多いのではないだろうか。コロナは映画鑑賞の画面サイズをミニマムまで抑え込んだが、その一方で「映画を観る時に何を飲むか、食うか」の酒肴ユニヴァースを、懐さえ許せば無限にまで拡大した。何だって飲食することができるし、一切口に入れないことも可能だ。

もちろん以前からもそうだったのだが、昨年からのテイクアウトの流行によって、家飲みレベルはかなり底上げされたのでは、と見積もる。

例えば、コロナ以前はテイクアウトをしていなかった行きつけの飲食店でパテとローストビーフを購入し、それに合うワインを見繕ってもらい、駅前のパン屋でバゲットを買い、ちょっと有名なパティスリーで甘いものを買い、帰宅して食材を皿に盛り付け、ワインを抜栓し、グラスに注ぐ。準備ができたら、映画を再生する。制作会社のロゴが出ている間に、まずバゲットのみで赤ワインを楽しむ。少しパテを切って、マスタードを塗りつけて食べる。ローストビーフで付け合せのクレソンやルッコラを巻いて一緒に口に入れる。肉の脂と葉物の清涼感を同時に味わう。赤ワインを再び飲む。例えで書いていても飲みたくなってきた。

喫煙者などは、更に素晴らしい時間を過ごすことができているだろう。紙巻きから葉巻まで、映画を観ながら楽しめる。美味そうに紙巻きを吸う主人公を眺めながら、禁断症状に怯える必要はない。こちらも思い切り吸えばよろしいのだ。

と、映画体験は、コロナ以前と以後で、ある意味では豊かになった。ただ、豊かになると人は困る。リュミエール以降、公開された映画の本数よりも、酒と肴の組み合わせが多すぎるからである。

というわけで、家で映画を観る時に飲みたい酒と肴のおすすめ教えます!とは言わない



「映画を観る時には○○がおすすめ!」なんてそんなモン、自分の好きなもの飲んで食って映画観るのが一番良いに決まっている。むしろ、勧められてそうでもなかった場合「ああ微妙だなこれ、やっぱあれにしたほうがよかったのかな」と考えている間に映画は終わってしまう。

けれども、本コラムは「家で映画を観る時に飲みたいお酒と肴」というテーマであるので、「自分の好きなもの飲んで食ってろ」で終わらせてしまうわけにはいかない。なので、映画鑑賞の時に飲む酒、合わせる肴について、少し考えてみようと思う。

まず、自宅で映画鑑賞をする場合、飲食物に関しては以下のような選択が考えられる。

①映画館で売られている飲食物に寄せる

②鑑賞する映画にあった飲食物を用意する

③好きなものを飲み食いする

④家にあるものでなんとかする

⑤食わない

上記のうち、③④⑤については筆者が介入する余地はないので、主に①②に触れていく。

NEXT|次ページ > 映画館で売られている飲食物に寄せる

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録