あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』レビュー:真の結末「ようやく腑に落ちた!」【※後半ネタバレあり】



2021年3月8日の初日、東京都内のシネコンでこの話題作をいちはやく鑑賞してきました。

本当は初回朝7時のアイマックス上映を見たかったのですが、チケット予約開始後すぐに完売してしまっていたので、そのシネコンでは第2回目となる7時30分開始の通常上映を鑑賞。こちらは左右端っこの席が幾分空いてる感じで、総じて8割弱の入り。

その後の回のチケットの売れ行き状況を見ても既に全回満席なのはアイマックスだけなので、特等席にこだわらなければ当日券でも割かし入れるのではないかと思いました。

(さすがに平日だし、あと上映回数も増やしすぎたかなという気もしないではない)

→『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より深く楽しむための記事一覧

 「ネタバレ」に過敏な今回の作品
いかにそれを避けながら言及すべきか


 
さて、肝心の映画の中身ですが、既にTwitterでは「ネタバレ」がトレンド入りしているように、今回はかなり見る側がネタバレに対して過敏になっている感もあります。

(まあ、もともと昨年の6月に上映される予定が今年1月に延び、さらにそれも延びて今回ようやくですしね)

特に「エヴァ」の場合、あまりにも特殊な作品ゆえに、「面白かった」でも「つまらなかった」でも(実際の感想ではありません、念のため)、今やある種のネタバレになってしまう危惧があります。

とはいえ、映画サイトの宿命として作品レビューは必須であり、そこにある程度のネタバレが生じるもやむを得ないところではあるでしょう。

というわけで、次のページからレビューを始めたいと思いますが、マジにネタバレが嫌なかたはここで別コーナーへ移行していただくよう、切にお願いいたします。

ちなみに、SNSなどのネタバレは閲覧さえしなければOKではありますが、意外にヤバいのが映画館のロビーです。

映画を見終えた観客の何割かは、興奮しながらあれやこれやと映画の中身を熱く語ったりしていて、それが結構聞こえてきますので、くれぐれも鑑賞前の方々はご用心のほどを。

できれば映画館に入ったらイヤホンなどで外界の音をシャットダウンし、音楽なり何なりを場内が暗くなるまで聴いたりしてやり過ごすことをお勧めしておきます。
(おそらく既にリピーターも続出していることでしょうから)

※ここから先はネタバレありです!

→『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より深く楽しむための記事一覧

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ※ここから先はネタバレ!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録