あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『海辺のエトランゼ』ネタバレレビュー|純愛を豊かな自然と色と光で魅せる

SHARE


2020年、夏の終わり。新型コロナウイルスのせいで気軽に旅に行けない寂しさやもどかしさを抱えていた私を、ある映画が連れ出してくれました。

私は沖縄の離島へ連れて行ってくれたのは、映画『海辺のエトランゼ』。そしてその旅先の豊かな自然とのんびりとした日常の中で見たふたりの青年の純愛に、心が洗われたのです。

序盤とラストで正反対の顔を見せる海と風


映画の冒頭でこの物語の主人公の1人 知花実央(ちばなみお・以下、実央)は、海辺のベンチで向かい風を浴びながら真っ暗な海を一人眺めていました。この描写に、実央が「生涯孤独」であることを突きつけられた気がしたのです。

実央は幼い頃に、海の事故で父親を、高校生の頃に母親を亡くしています。そんな彼にとって海は、大切な人との別れを実感し、今目の前にある孤独と対峙しなければならない辛い場所でしょう。しかもそこに吹くのは、前に進むのを阻む向かい風。お前は「孤独なんだ」と言わんばかりの真っ暗な海を眺めるシーンは、実央が抱える大きな寂しさを物語っていました。

しかしその海はラスト、表情を180度変えます。

それは恋人の橋本駿(はしもとしゅん・以下、駿)が、地元の北海道に帰ると決めたシーンでのこと。再び1人になることを覚悟した実央に駿は、「一緒に行こう」と声をかけます。その時実央は「海入ろう」と言って駿の手を取り、これまで孤独を突きつけるだけの場所だった海に自ら飛び込んでいったのです。白い水しぶきが上がるキラキラと輝く海で、駿と手を重ね喜びを爆発させる美央からは、孤独から解き放たれたことが伝わってくるようでした。

そして北海道に向かう日。両親のお墓に向かって新たな旅立ちを報告した実央に吹いたのは、追い風。お墓から実央の背中を押すように風が吹いたのです。この風に、実央の両親からの深い愛を感じずにはいられませんでした。

▲ラストの海のシーンは動画の1:37あたり 追い風のシーンは1:08あたり


実央は、書面上では生涯孤独なのかもしれません。ただこれから先どんなにつらいことや苦しいことと向かい合う時が来ても実央は、両親と過ごした時間と「ふたりで一緒にいよう」と確かめあった駿とともに生きていくのだろう――。『海辺のエトランゼ』で描かれた沖縄の離島の海と風は、そんな希望を見事に表現していたと思います。

NEXT|次ページ > ふたりの心を結ぶ沖縄の花々

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(C)紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会