あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『シン・仮面ライダー』も発表!「仮面ライダー生誕50周年記念企画発表会」詳細レポート!



2021年4月3日(土)、東京は丸の内TOEIにて仮面ライダー生誕50周年記念企画発表会見が行われた。当日は朝から同企画の第1弾、第2弾が次々に発表され、SNSには歴代仮面ライダーのキャストを始めとした関係者やファンからのお祝いのメッセージ、そしてベールに隠されたままの第3弾への期待の声が溢れていた。

そんな中、1971年4月3日(土)19:30に仮面ライダーの第一話が放送された正に同日同時刻、会見場の大型モニタに『仮面ライダー』のオープニングから始まるメモリアル映像が映し出され発表会見が幕を開けた。



すべての人類に等しく仮面ライダーを



会見の冒頭では東映株式会社代表取締役社長・手塚治氏が、50周年への思いを込めて挨拶。

「50年前のこの瞬間に仮面ライダーの歴史が始まりました。そして50年、テレビ、映画、ビデオ、DVD、配信とあらゆる形で仮面ライダーのシリーズを皆様に楽しんでいただけたことと思います。

実は人類には3種類が存在します。『仮面ライダーを今も楽しんでいる人たち』『仮面ライダーを楽しんでいたが今はやめてしまった人たち』『仮面ライダーを観たことがない人たち』です。

今日ここに発表会見を開いたのは、このすべての人類に等しく仮面ライダーを楽しんでいただくために新たな時代の新たな仮面ライダーを発信していこうという思いのためです」

続けて東映を代表する3人のプロデューサーからそれぞれの企画が発表された。

NEXT|次ページ > 仮面ライダー史上初のアニメ作品『風都探偵』は日米同時配信

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録