あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『AVA/エヴァ』レビュー:殺し屋ヒロインの家族との確執&クールなガン・アクションの妙味!

SHARE



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

“エヴァ”といっても、もちろん今大ヒット中のあのアニメ映画とは全然関係ありません(スペルのEとAの違いもあるし)。

本作は『ゼロ・ダーク・サーティ』(12)『女神の見えざる手』(16)などで知られるクール・ビューティ、ジェシカ・チャスティンが殺し屋エヴァに扮したハードボイルド・アクション映画。

監督は、彼女がアカデミー賞助演女優賞候補にもなった『ヘルプ~心がつなぐストーリー』(11)のテイト・テイラーが務めています。



殺し屋ヒロイン映画そのものはさほど珍しいジャンルではありませんが、本作はエヴァが相手を始末する際、標的にされた理由を本人から問いただそうとする習性があるのがユニークな点ではあるでしょう。

また彼女を巡る母や妹、その恋人といった家族関係にも大きく焦点を当てているあたり、単なるアクション映画ではなくヒロインの心の奥底に秘められた深い傷跡を通しての人間ドラマにしていきたいという企画意図もあったかと思われます。
(もっとも、それによって少しまだるっこしくなった感もあり、個人的にはもっとストレートなアクション路線に邁進しても良かったとは思っていますが)。



ジョン・マルコヴィッチ、コリン・ファレル、ジーナ・デイヴィス、ジョアン・チェンといった往年のスター勢を脇に配したキャスティングも一見贅沢には見えますが、逆にこういった布陣のアクション映画ほど、意外にB級テイストが強まるのも映画ファンであればあるほどご承知の通例。

その伝でも本作、なかなかクールな佇まいが妖艶で粋なエヴァ=ジェシカ・チャスティンの魅力とガン・アクションの妙味を、97分という程良い上映時間の間とくと堪能する姿勢で接するのが一番得策な映画であるともいえるでしょう。

母親役ジーナ・デイヴィスが登場してきた際に「デヴィ夫人に何か似てきたな……」などと思った瞬間、『ザ・フライ』(86)や『ビートルジュース』(88)『偶然の旅行者』(88)『テルマ&ルイーズ』(91)『プリティ・リーグ』(92)などなど彼女に夢中になっていた頃からおよそ30年の歳月が過ぎていることに気づかされるとともに、万感の想いを胸に馳せつつ……。

(文:増當竜也)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > AVA/エヴァ作品情報

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

(C)2020 Eve Nevada, LLC.