あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

挑戦の人 綾野剛の魅力|いつまでも「見たことがない」が続く


ドラマの綾野剛


TBSドラマ「MIU404」より ©TBS

トリッキーな役どころが多いイメージですが2010年代になると硬派な作品も増え2012年の朝の連続テレビ小説「カーネーション」、大河ドラマ「八重の桜」とNHK作品にも出演。

そして2013年にレギュラー放送後、2014年にはスペシャルドラマも放映された「最高の離婚」に出演。今年の年明けに映画館の盛り上げた『花束みたいな恋をした』の坂本裕二脚本のドラマ作品。ここで、瑛太(現永山瑛太)、尾野真千子、真木よう子と共演、真木よう子の夫役を務めました。ちなみに尾野真千子とは「Mother」「カーネーション」「最高の離婚」『ヤクザと家族The Family』と要所要所で共演しているという不思議な縁があります。

同年には新垣結衣の相手役を務めた野木亜紀子脚本作品「空飛ぶ広報室」があって、その後、2015年と1017年には主演を務めた「コウノドリ」が放映、ここで星野源と初共演しています。そして2020年にはその星野源とのダブル主演で野木亜紀子脚本作品の「MIU404」が放映され大ヒット。

「MIU404」は2018年の石原ひとみ主演作品「アンナチュラル」と同一の世界観の作品でもあり、米津玄師が「アンナチュラル」に続いて主題歌を担当するなどの話題性に事欠かなないドラマとなりました。綾野剛はここでもネアカで陽性な野生児キャラという今までにないを演じました。

2003年に仮面ライダーの怪人役からスタートして以降陰のある役、幕末の大名、自衛官、クールな警察官に悪徳警官、産婦人科医、野心的な投資家、さらにはフランケンシュタインの怪物などなど、綾野剛の演じてきたキャラクターはあまりにも幅が広く“見たことがあるが無い”俳優として独自の地位を築いると言えるでしょう。そのために憑依型とかカメレオン俳優などと表現されることもあります。

ドラマの最新作は大人の王道ラブコメ


水曜ドラマ「恋はdeepに」より @日本テレビ

2021年の春ドラマは全体としてラブコメ作品が多く鈴木亮平×吉岡里帆の「レンアイ漫画家」、川口春奈×横浜流星の「着飾る恋には理由があって」、北川景子×永山瑛太の「リコカツ」などなど話題作が並んでいます。

そんな中で大人のラブコメであり、オリジナル脚本作品でもあるのが綾野剛×石原さとみの「恋はDeepに」です。

社会現状化した「おっさんずラブ」や、昨年多部未華子×大森南朋で大ヒットした「私の家政婦ナギサさん」をヒットさせた徳尾浩司が脚本を手掛ける「恋はDeepに」は海を愛する海洋学者、渚(なぎさ)海音(みお)(石原さとみ)とマリンリゾート開発を進める会社のツンデレ御曹司の蓮田倫太郎(綾野剛)との恋愛劇です。

共演には海音の良き相談役に今田美桜が出演するほか、「逃げ恥」の大谷亮平、「MIU404」の渡邊圭祐、橋本じゅんと思わず期待してしまう名前が並んでいます。

環境保護とリゾート開発という正反対の目的を持ち、本来なら対立する立場の二人が運命的な恋に落ちる一方で海音にはある秘密が…という展開で4月14日に第一話を迎えます。すでに公式インスタグラムのフォロワーが20万人を突破するなど注目度が高まっています。

「恋はDeepに」の見どころは?



「恋はDeepに」の企画が綾野剛のもとに届いたのは「MIU404」が終わったころのこと。

元々「(演技、役者としての)幅を拡げるために次は王道のラブコメを!!」と望んでいた半面「自分に王道ラブコメはどうなんだろう?」という気持ちもあったと綾野剛ですが、原作の無いオリジナル作品であり、39歳の綾野剛と34歳の石原さとみという年代での王道ラブストーリーと言うことに新たな可能性を感じことで、前作「MIU404」からわずか半年で主演することを決めました。

これまで意図的にドラマに関しては出演スパンを空けてきた綾野剛ですが、今回はラブコメのイメージがない自分がラブコメに挑むと言うことが、常に作品が作られ続けるラブコメというジャンルにおいても意外性のある、見たことがないラブコメになるのではと意気込んでいます。

また、石原さとみとの共演ということも、出演を決めて大きな要因の一つだったとも語っています。石原さとみとしても最近はお仕事系の「アンナチュラル」「アンサングシンンデレラ」などなどのドラマが多かったのでストレートなラブストーリーは久しぶりになります。「5→9~私に越したお坊さん~」以来でしょうか?そうなるとなんと5年半ぶりですね。

これまでも“ラブ”の要素がある作品には出演してきた綾野剛ですが、ここまでの王道ラブストーリー、キラキラした作品への出演は初めてのことで、今までに使ってこなかった脳の能力を使って苦労しているようです。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 映画の綾野剛

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録