あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「マッド・マックスってどれから観ればいいんですか?」|映画で答える人生相談


「マッド・マックスってどれから観ればいいんですか?」

質問ありがとうございます。結論から申しますと、マッド・マックスシリーズはどれから観ても全く問題ないといいますか、なんというか、全作品マッドがマックスですので、もう「どれから観るか」などという疑問・お悩みは、開始2秒ほどで吹き飛ばされるはずです。

ときに、最新作である『マッドマックス 怒りのデス・ロード』では、

「登場人物全員が九九できなそう」

「ワイルド・スピードが交通安全ビデオに見える」

「鑑賞後にIQが100下がる」

など、様々なパンチラインがネット上で生まれました。

しかし、これは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』だけではありません。

『マッド・マックス』『マッド・マックス2』『マッド・マックス / サンダードーム』も同様に、九九ができそうな奴はほとんど登場しませんし、「7+8が15なのはどう考えてもおかしい。13くらいが妥当ではないか」と考えられる奴はギリのギリで天才ではと思ってしまうほど、知能指数低めの方々がマッ度100%の世界を生き抜いています。



というか、『マッド・マックス / サンダードーム』は1985年、『マッド・マックス2』は1981年、『マッド・マックス』は1979年公開ですので、もしこの時代にSNSがあったとしたら、怒りのデス・ロードと同じような大喜利が繰り広げられていたことでしょう。

と、どれから観ても知能指数は最低、映画は最高なのですが、「好きなものから観ろ」というのはお悩み相談の答えとしては少々乱暴です。そこで、個人的におすすめできる順番を提案してみることにします。

まず、やはり原初のマッドである『マッド・マックス』、次に「マッド・マックス」と聞いて、最も想起する人が多いであろう『マッド・マックス2』。






あまり話題に上らないけれども、北斗の拳が好きであれば『マッド・マックス2』以上にハマれるであろう『マッドマックス/サンダードーム』。



そして、全編がクライマックスの『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を鑑賞したならば、一息ついて銀のスプレーを口に噴射してください。



Amazonで買えます。

その後、モノクロ版である『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』を観てください。



マッド・マックスシリーズがいかに「神話」であり、神とはイモータン・ジョーであるかが解ります。水の有り難さに涙が止まりません。

すると、やはりもう一度原初のマッドに戻りたくなるかと思いますので、再び『マッド・マックス』を鑑賞してください。鑑賞後には、もう身体がネクストマッドを求めているはずです。水中毒・薬物中毒と同じく、マッドに耐性がついてしまうと多量のマッドを摂取しないと満足できない状況に陥ってしまいますが、禁断症状を恐れることはありません。

遠慮なく『マッド・マックス2』あるいは『マッドマックス/サンダードーム』から好きな方を選んでください。途中で吹替版にしてみるのもグッドでマッドな選択です。吹替版であろうと石油の重要性は変わりませんし、『マッド・マックス2』に至ってはマックスは17回しか喋りません。その後は上記のムーブを100回繰り返すのも良し、鑑賞できる限りのバージョンを堪能するも良しです。

そして、己のマッドが最高潮になったとき、『ベイブ』を観てください。マッド・マックスシリーズと『ベイブ』を組み合わせることで、マッドな世界がより立体的に立ち上がります。生きることとは何なのか。答えはそこにあります。ぜひご覧になってみてください。

(文:加藤広大)
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録