あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-05-27

予告編

『アウシュヴィッツ・レポート』予告編&場面写真|二人の脱走者によって明かされたホロコーストの真実



7月30日(金)より全国公開される、本年度(第93回)アカデミー賞(R)国際長編映画賞 スロバキア代表作品 『アウシュヴィッツ・レポート』より、予告編映像と場面写真2点が解禁された。

本作は、アウシュヴィッツ強制収容所を脱走した二人の若いスロバキア系ユダヤ人のレポートによって、12万人のユダヤ人の命が救われた実話。



予告編は、1944年4月アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所から始まる。 収監された多くのユダヤ人達は「最初の任務は名前を忘れること。諸君は帝国に仕えるのだ。」と命じられ 囚人番号がつけられる。日々過酷な労働を強いられ殺害される人々の遺体記録係をしているスロバキア人のアルフレートは、残虐の証拠を持ち出し、有力者に届けると脱走を企てる。協力した同じ収容棟の仲間は「正直に話せば全員宿舎に戻れるんだぞ」と執拗に拷問されるが、アルフレート達 はホロコーストの真実を世界に伝えるため国境を目指す。

奇跡的に救出された二人は、赤十字職員にアウシュヴィッツの実態を告白し、レポートとして提出するが、果たして命をかけて脱走しアウシュヴィッツの真実を伝えようとする彼らの訴えは世界に届くのか…。最後には“過去を忘れる者は、必ず同じ過ちを繰り返す(アメリカの哲学者/ジョージ・サンタヤナ)”の言葉と共に、知られざる真実に向き合うアルフレートのまっすぐな眼が印象的な映像となっている。



場面写真は、脱走し山道を駆け上がる二人、赤十字の職員に訴えるシーンの2点が解禁となった。



作品情報

監督・脚本:ペテル・べブヤク
共同脚本:トマーシュ・ボ ム ビク 製作:ラスト・シェスターク
出演:ノエル・ツツォル、ペテル・オンドレイチカ、ジョン・ハナーほか
2020年94分 カラー シネスコ 5.1 ch 英・チェコ・ポーランド・スロバキア・ドイツ語 スロバキア・チェコ・独 PG 12
原題:Sprava 英題: The Auschwitz Report 日本語字幕:川又勝利 後援:スロバキア大使館 
配給: STAR CHANNEL MOVIES a
uschwitz report.com

*5/21 より全国共通特別鑑賞券が、上映劇場窓口およびメイジャーにて発売中!
https://www.major j.com/cinema_information.php?id=M20210521008
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)D.N.A., s.r.o., Evolution Films, s.r.o., Ostlicht Filmproduktion GmbH, Rozhlas a televizia Slovenska, Ceska t elevise 2021