あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『キャラクター』レビュー:菅田将暉 VS Fukaseが魅せる映画ならではの凄絶&豪華な「邪」!



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

最近のメジャー系公開の日本映画にしてオリジナル・ストーリーのサスペンスものという、これだけでも挑戦的なものが感じられて嬉しい作品ですが、まるでベストセラー小説or漫画の映画化のようにゴージャスな雰囲気が全体的に漂っているのも好ましいところ。

原案・脚本が「20世紀少年」などで漫画家・浦沢直樹とタッグを組むなど、エンタメ・プロデュースに秀でた長崎尚志ならではの意欲が巧みに結実しているものと思われます。



内容そのものはかなり凄惨凄絶で、特に殺人現場の遺体とおびただしくもグロテスクな血の「見せ方」は、そのうち主人公の漫画家・山城(菅田将暉)さながら、どこかしら猟奇的世界へ埋没しかねないほどの「魅せ方」として、危険ながらも魅惑的な映画ならではの豪華な「邪」を堪能させられること必至。



また、ここまで適材適所のキャスティングが成されている作品も珍しいほどで、菅田や清田刑事役・小栗旬たちの演じる上での努力を表に見せない好演などはいつもながらの頼もしさです。

ただし、やはり今回はFukase(SEKAI NO OWARI)を猟奇殺人鬼・両角(もろずみ)に起用し得たことが、本作の最大の成功の要因といっても過言ではないでしょう。



どこかイッちゃってる感を秘めた彼のあの可愛らしい笑顔、鑑賞後もしばらくは脳裏にこびりついて離れないほどです。

また出番はさほど多くないものの、最初の一家殺人事件の犯人だと自供する辺見役・松田洋治の不気味度100%のオーラはかなり脅威的でありました。

映画デビュー作『ジャッジ!』(14)から『帝一の國』(17)『恋は雨上がりのように』(18)など、永井聡監督作品とはかなり相性が良いほうではありましたが、今回のような個人的には不得手なジャンルである猟奇サスペンスものでも、一見淡白な情緒を忍ばせつつも気負いなくこちらを引っ張っていく演出の妙に感嘆。

ただし、そのことに気づいたのは当然ながら見終えてのことで、鑑賞中はただただスリリングに、映画鑑賞中のみに許される「邪」の魅惑に取りつかれていたことを正直に告白しておきます。

(文:増當達也)

NEXT|次ページ > 『キャラクター』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021 映画「キャラクター」製作委員会