あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

黒木華の魅力を再検証<いい子ちゃんからヤバいヤツまで変貌自在!>



「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」(C)フジテレビ

女優・黒木華(くろき はる)。

2022年冬クールドラマ「ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○」にて主演・瀬古凛々子を好演中。
2022年1月28日公開『ノイズ』、2022年3月4日公開『余命十年』にも出演予定と、2022年幕開け早々、黒木華の勢いは止まらない。

どんな作品においても、“黒木華”という強固な存在感は残しつつどんなキャラクターにも扮するその変幻自在な魅力に、誰もが夢中になっていることだろう。

そこで、彼女の女優人生を振り返るに欠かせない映画3作品・ドラマ3作品を私なりにピックアップ。
ここからは、作品と役柄に沿って黒木華の魅力を探求していく。

映画『小さいおうち』:どうしようもない恋に立ち向かう実らぬ恋


(C)2014「小さいおうち」製作委員会

『男はつらいよ』シリーズでお馴染み、山田洋次による監督作品である『小さいおうち』(14)。

昭和11年、女中(現代で言うお手伝いさん)として働いていたお屋敷=小さいおうちで、ご主人様・平井雅樹(片岡孝太郎)の会社の部下・板倉正治(吉岡秀隆)に恋をするも、なんと奥様・平井時子(松たか子)と不倫関係にあることに気付いてしまいーー

この甲斐甲斐しくも切ない女中・布宮タキの若年期を演じたのが黒木華。
学生時代より演劇に身を捧げ、世間からの評価も上々な矢先に、本作品で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を日本人最年少で受賞という快挙を成し遂げた。

タキと正治。独身同士、若者同士、普通に考えればうまくいってもおかしくない。
まさか、お仕えしているお屋敷の奥様とそんな関係になってしまうだなんて、想像もしなかっただろう。


(C)2014「小さいおうち」製作委員会

勘付いている人も数人いるとはいえ、この事実を悟っているのはタキだけ。健気に「いってらっしゃいませ」と見送り、満たされた時間を過ごし戻ってくる時子を受け入れるタキ、切なすぎるでしょうよ……。

黒木華の癒し度120点な柔らかいビジュアルにいかにも真面目で謙虚な役柄は、お刺身に醤油、サラダにドレッシングくらい相性抜群であり必要不可欠。昭和〜平成初期の映画・ドラマのリバイバル作品にはぜひとも黒木華を起用していただきたい。

>>>【関連記事】絶好調の黒木華、飛躍のきっかけとなった『小さいおうち』とは?

NEXT|次ページ > 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』:幸薄女に訪れる、とてつもなく眩しい“一瞬の光”

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録