あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「全裸監督シーズン2」ファーストレビュー | ナイスな見どころは「破裂寸前のヒリヒリ感」


お待たせしすぎたかもしれない「全裸監督シーズン2」いよいよ配信スタート

AV業界の風雲児、放送禁止のパイオニアと呼ばれた村西とおるの半生をつづった同題ノンフィクションをあのNetflixがドラマ化し大ヒットした「全裸監督」。

そのシーズン2がいよいよ配信されます



主演の山田孝之はもちろん、玉山鉄二、満島真之介、柄本時生、伊藤沙莉、リリー・フランキー、國村隼、そして村西のミューズとなったAV女優・黒木薫を演じた森田望智が続投するのに加えて、後に村西夫人となる乃木真梨子を演じる恒松祐里、宮沢りえ、増田有華、渡辺大地、石橋蓮司、MEGUMI、西内まりや、室井滋、吉田栄作、伊原剛志など新たに加わります。

「全裸監督シーズン1」でしがない英会話教材のセールスマンから何度も警察のご厄介になりつつもAV界の帝王にのし上がった村西が、「全裸監督シーズン2」では昭和の終わり、バブル経済の崩壊に合わせるがごとく転落していく様を描かれます。

完結編となる「全裸監督シーズン2」では一体どのような結末を迎えるのでしょうか?

「全裸監督」シーズン1を巻き戻し



ドラマ「全裸監督」は『100円の恋』の武正晴が総監督を務め、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』シリーズの河合勇人、『ミッドナイトスワン』の内田英治が演出を担当。四人の脚本家によるチームライティング方式を採用するなど、日本のドラマ制作では珍しい手法を取り入れるなど、Netflixは最初から世界配信を意識した形で作られました。

シーズン2でも引き続き武監督が総監督を務めています。

「全裸監督シーズン1」のあらすじ



北海道でしがない英会話教材のセールスマンをしていた村西とおる(山田孝之)は妻の不倫を機に離婚し天涯孤独に身に。そんな村西はトシ(満島真之介)と知り合いアダルトビジネスの世界に足を踏み込みます。

“ビニ本”の流通・販売で北海道を征すると、“ビニ本”時代に知り合った川田(玉山鉄二)の助力もあって、アダルトビデオメーカー“サファイア映像”を立ち上げ、全国に進出し業界の風雲児となっていきます。

村西の前には怪しげな警視庁の刑事の武井(リリー・フランキー)や、ヤクザの古谷(國村隼)、AV業界最王手ポセイドンの池沢(石橋凌)などが現れ、腹の探り合いを展開。

村西自身も猥褻図画販売などでたびたび逮捕され、ハワイでは総量刑・懲役300年を超える判決を下されるなど波瀾万丈な人生を送ります。

しかし、厳格な家庭に育ったものの、村西とおるのAVの世界に魅入られた黒木薫(森田望智)が現れたことで村西とおると“サファイア映像”は業界トップへの道を歩んでいきます。


アダルト関連、ダークサイド、アンダーグラウンドと言った異端のビジネスを取り扱っていると言うことやNetflixオリジナルドラマと言うこと、何よりそのタイトル自体のインパクトもあって、「全裸監督」は尖った作品の一つとして見られがちでした。

しかし、フラットな目線で見ると「全裸監督」は村西とおるという男の破天荒な成り上がりのドラマであり、時に奇手奇策に走り、時に正面突破の力押しで物事を進めていく姿を堪能するビジネスドラマに仕上がっていました。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > そして、シーズン2開幕

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録