あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-06-23

画像解禁

沢田研二×菅田将暉『キネマの神様』夫婦の愛の軌跡が垣間見える新場面写真解禁



沢田研二と菅田将暉がW主演を務める『キネマの神様』より、新場面写真が解禁された。

場面写真に写るのは“一組”の男女の姿。本作は現代のゴウと淑子を沢田研二と宮本信子が、かつてのゴウと淑子を菅田将暉と永野芽郁がそれぞれ二人一役で演じている。場面写真のまだお互いの気持ちを知らずにいた頃のゴウ(菅田将暉)と淑子(永野芽郁)、そして夫婦として約50年連れ添ったゴウ(沢田研二)と淑子(宮本信子)のほほえむ表情からは、互いを想う二人の愛の軌跡を感じずにはいられない。



二人の出会いは映画監督になる夢を追いかけ、撮影所で働いていたゴウが通った食堂“ふな喜”。淑子は撮影所のスタッフが集う“ふな喜”の看板娘で、映画について熱く語るゴウを淑子は笑顔で真っ直ぐに見つめていた。淡い恋心を抱きながらーー。過去のゴウと淑子の場面写真はそんな“ふな喜”での一場面を捉えたもの。しかしそんな青春の日々はやがて終わりを迎える。夢に挫折し打ちひしがれたゴウは撮影所を去り、長い月日の中でギャンブルと酒におぼれるようになっていくが、そんなゴウの傍で淑子は約50年後の現代も、青春時代と変わらぬほほえみでゴウに寄り添う。



昭和から現代までひたむきにゴウに寄り添う淑子の物語を演じるにあたって永野は、「淑子のゴウちゃんに対する愛情の強さや、映画とまっすぐに向き合う気持ち、色々なものに温かさを感じました。それを山田監督に演出していただく時にはとてつもない大きな愛情にあふれた作品になるんだろうと思いました。」と語る。宮本は「映画の歴史はもちろんのこと、撮影所の様子、青春物語、家族といった様々な要素が凝縮された物語で、完成を本当に楽しみにしていました。」と、ゴウと淑子が青春時代を過ごした撮影所での日々や、夢を諦めたゴウと、寄り添い続けた淑子たち家族の姿が描かれる本作への想いを明かした。

ストーリー

ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田研二)は妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放されたダメ親父。そんな彼にも、たった一つだけ愛してやまないものがあった。それは「映画」———。行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、かつて撮影所で働く仲間だった。若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として、映写技師のテラシン(野田洋次郎)をはじめ、時代を代表する名監督やスター女優の園子(北川景子)、また撮影所近くの食堂の娘・淑子(永野芽郁)に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。しかしゴウは初監督作品「キネマの神様」の撮影初日に転落事故で大怪我をし、その作品は幻となってしまう。あれから約50 年。あの日の「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める。これは、”映画の神様”を信じ続けた男の人生とともに紡がれる愛と友情、そして家族の物語。

作品情報

『キネマの神様』
2021 年8月6 日公開
■監督 :山田洋次
■脚本 :山田洋次 朝原雄三
■原作 :原田マハ「キネマの神様」(文春文庫刊)
■出演 :沢田研二 菅田将暉
■出演 :永野芽郁 野田洋次郎 / 北川景子 寺島しのぶ 小林稔侍 宮本信子
■主題歌 :「うたかた歌」RADWIMPS feat.菅田将暉(Muzinto Records/EMI)
■配給 :松竹 
■公式サイト :https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama
■公式Twitter:https://twitter.com/kinema_kamisama
■公式Instagram:https://www.instagram.com/kinema_kamisama
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021「キネマの神様」製作委員会