あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「TOKYO MER」第2話:研修医のミスで危うく解散?部下を育てる先輩たちに感動した回(※ストーリーネタバレあり)



→「TOKYO MER〜走る救急救命室〜」画像ギャラリーへ

2021年7月4日から放送されるTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」。鈴木亮平が主演を務め、中条あやみ、賀来賢人、菜々緒、小手伸也、佐野勇斗、石田ゆり子、要潤と豪華キャストが集結している。

「TOKYO MER」=「Mobile Emergency Room」で、文字通り動く救命救急室が描かれる。

本記事では、第2話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話レビュー



東京都知事・赤塚(石田ゆり子)の命で新設された、動く救命救急室「TOKYO MER」。しかし、チーフドクターの喜多見(鈴木亮平)はレスキュー隊や危機管理対策室の指示も無視して救命を最優先する。そのため、新設されたばかりにもかかわらず周囲から非難が集まっていた。

そんな逆風にも負けず、喜多見や看護師の蔵前(菜々緒)、ホアン(フォンチー)、臨床工学技師の徳丸(佐野勇斗)、麻酔科医・冬木(小手伸也)は一致団結。いつ出動命令が下るかわからない状況でも、彼らは明るく努めようとしている。

その中でも、浮かない顔をしているメンバーが二人……。一人は厚労省から派遣された、いわばスパイの音羽(賀来賢人)。そしてもう一人が循環器外科の研修医でありながら、TOKYO MERを兼務することになった比奈(中条あやみ)だ。



第2話はそんな比奈の大きな成長が見える回となった。工事現場での鉄骨落下事故が発生し、現場に到着したTOKYO MER。そこでも喜多見や蔵前たちは危険をおかして患者を助けようとするが、比奈は足がすくんで動けなかった。運が悪ければ、自分も命を落としかねない状況で患者の命を優先するのは相当な勇気がいる。

現場経験の少ない比奈が戸惑ってしまうのも無理はない。ただ、その自信のなさが命取りになってしまうこともある。喜多見の迅速な対応で事なきを得るが、比奈の判断ミスで患者が命の危険に陥ってしまうのだった。

落ち込む比奈に対する先輩たちの接し方に違いがあって興味深い。比奈の指導医である高輪(仲里依紗)はそっと部下の気持ちに寄り添い、裏では放任主義の喜多見に正面から抗議する頼れる先輩だ。一方で、励ますことも叱ることもしない喜多見。いくら腕が良くてもその指導方法は如何なものか…と最初はモヤモヤさせられたが、それは履歴書の応募動機に「人の命を救いたいからです」と書いた比奈のことを信じているからこその行動だということが後から分かった。



さらには、TOKYO MERを潰すために派遣されたはずの音羽が、夏祭りでの爆発事故で重要な役割を任された比奈にかけた「言い訳するな!」という力強い言葉、そして勇気を出して一人オペに臨む比奈をサポートする蔵前たちの姿にもグッとくる。

医療ドラマでなおかつ「救命」という点で本作と共通するドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)。そこでも不本意ながらメンバーに選出された研修医あがりの深澤(岸優太)が比奈と同じように他人まかせな行動で患者を危険に晒してしまうという展開が描かれた。

ドラマに登場する新人の責任感にかけた態度は時に視聴者をイライラさせることもあるが、SNSに医療従事者から共感の声が多数投稿されていたように、誰だって他人の命を扱うのは怖い。それでも医師や看護師はそんな恐怖と常に対峙しながら仕事に望んでいるのだと、第2話で描かれた比奈の葛藤から気づかされた。

また、そんな新人の見せる素直な感情がベテランの医師や看護師たちを初心に戻すのだろう。そこまで見込んだチーム編成だとしたら、喜多見の慧眼恐るべし。今後は、そんな喜多見の“空白の1年間”に何があったのかがTOKYO MERの存続にかかってきそうだ。

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話ストーリー



工事現場での鉄骨落下事故に出動したTOKYO MER。自身を危険にさらして現場でオペするチーフの喜多見幸太(鈴木亮平)に、研修医の弦巻比奈(中条あやみ)は反発するが、比奈の起こしたミスにより患者は命の危険に陥ってしまう。

大きく自信を失った比奈に、夏祭りでの爆発事故の出動命令が下る。多数の重症患者を前に「医師の命を守る責任の重さ」に立ちすくんでしまう比奈。喜多見からたった一人での重大オペを任された比奈は、「命という試練」を乗り越えられるのか?

(文:苫とり子)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録