あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「ただ離婚してないだけ」第2話レビュー:呼吸すら忘れる緊迫感… 正隆はどこまで行ってしまうんだろう。(※ストーリーネタバレあり)



→「ただ離婚してないだけ」第2話画像ギャラリーへ

【関連記事】「ただ離婚してないだけ」第1話レビュー

Kis-My-Ft2の北山宏光が主演をつとめるドラマ「ただ離婚してないだけ」が、2021年7月7日に放映スタートした。

本田優貴による人気コミックを原作としたこのドラマは、夫の不倫をきっかけに巻き起こる、いつ自分の身に起こっても不思議ではない戦慄の展開で話題沸騰の、未だかつてない不倫サスペンス作品。

本記事ではその第2話をcinemas PLUSドラマライターが紐解いていく。

「ただ離婚してないだけ」第2話レビュー

重い…あまりにも重すぎる! CMでやっと息が吐ける、ただならぬ緊迫感は引き続き。
今回は、正隆(北山宏光)の過去が明らかになり、そして事態が少しずつ嫌な方向に動き出した。

正隆は以前、義父の会社・柿野製薬で働いていた時期があった。家族の中でずっとのけ者にされていたのかと思ったが、そうではなかったらしい。
仕立てのよさそうなスーツに身を包み、いい表情をしている。仕事も、かなりデキるようだ。当時はまだ彼女だろうか? 雪映(中村ゆり)とも仲睦まじい様子。初めて正隆の笑顔が見られて、なんだかホッとした。
しかし、この先に地獄が待っていた。重役たちが集まっている会議で、当時まだ社長だった義父が、突然の退任を発表した。次期社長に選ばれるのは当然正隆だろうと、周りも、おそらくは本人も思っていた。…が、義父が社長に任命したのは正隆にとって義弟、つまり義父の実の息子だった。会議は紛糾、正隆は放心状態だったが、次第に目が変わっていく。あぁ、今の、あの光のない目…。

なるほど、同情の余地は大いにありそうだ。
だとしても、萌(荻原みのり)に対する狂気ともいえる正隆のクズっぷりは目に余るものがあった。

不倫旅行で訪れた温泉で、萌から子どもができたかもしれない、と打ち明けられ、みるみる顔を歪ませる正隆。流されるまま憂さ晴らしのようにはじまっただろう萌との関係が、それだけでは済まなくなったことへの憤りから、叫び、「絶対に堕ろせ」とすごむ。そういう態度をとるだろうと分かってはいたが、最低だ。ちょっと顔を引きつらせながら「分かってるよ、当たり前じゃん」と笑顔を作る萌が痛々しい。

でもこんなのまだまだ序の口。萌への理不尽はさらに続く。中絶手術に関しても、「とりあえず20万おろしてきた」と費用だけを手渡した。挙句の果てには、「おおごとにしなくていい」なんて言い出す。さすがに意味が分からない。萌も、「ありがとう、気遣ってくれて」じゃない。もっと怒ったり泣いたりしてもいいんだよ…。

そして手術当日。正隆は、病院に付き添ってほしいという萌のささやかな願いすら叶えてやらなかった。
ただ、さすがにまずいと思ったのか、それとも家にいたくなかっただけなのか、会いたい、と連絡があれば出ては行く。待ち合わせ場所に現れた萌は、手術の影響でフラフラだった。その姿を見てもなお、非情にもハグを振り払う。

もちろん子どもができたことは、正隆だけではなく、あくまでも2人の問題だ。ただ、それによって萌がどれだけ心身ともに傷付いているのか、なぜこの男には想像すらできないんだろう。精神状態、やばすぎないか。

さっさと帰っていく正隆の後ろ姿に、「もし、どうしても生みたいって言ってたらどうしてた?」と泣きながら問う萌。もちろんその声は、過剰なまでに背筋を丸めて人目を避けるように歩き去る正隆には届かない。

もしわたしが萌の友達だったら、今すぐに行って抱き締めてあげたいし、あんな男とはもう2度と会わないように手を回したかもしれない。でも萌は、正隆の不器用さ、寂し気な様子に惹かれたと、手術前に弟・創甫(北川拓実)に言うともなく打ち明けていた。だからきっと、こんな仕打ちを受けても、正隆を思う気持ちは消えないだろう。「その人のためなら何でもしたい」と言っていたときの思いつめた表情が気になる。一体何を考えているんだろう…。

一方の雪映は、クレジットカードの明細から正隆の不倫に勘づいたようだった。そもそも正隆には隠す気もなかったのかもしれないが、それにしてもあからさますぎる。事実上失脚した後も正隆を献身的に支えてきてくれただろう雪映に対して、こんな仕打ちはあんまりだ。

雪映は洗濯の際に正隆の下着に触れ、その後ものすごい勢いで手を洗う。もう1度子どもを授かりたいと考えていたのか、産婦人科にまで通っていたようだったのに…。(案の定、正隆は病院の診察券を見つけてブチ切れていたけど。)

それにしても、溌溂と働いていた頃の正隆を知っている雪映にとって、今の彼と一緒にいるのはかなり辛いだろう。というか、よく一緒にいられるなと思う。萌にしてもそうだが、正隆にはどこか放っておけない空気があるのだろうか。自身の無気力からどんどん立場を悪くしている正隆は、この後どこまで行ってしまうんだろう。


「ただ離婚してないだけ」第2話ストーリー



不倫相手の萌(萩原みのり)と温泉旅行に向かった正隆(北山宏光)。そこで萌から妊娠を告げられる。正隆が、堕胎するよう告げると萌は困惑するも、その言葉を受け入れる。自宅に戻った正隆は、子供を望んで産婦人科へ通う妻・雪映(中村ゆり)の診察券を見つけると、「子供なんていらねぇだろ」と吐き捨てる。そんな正隆は、自分の生い立ちから“家族”という存在と向き合えなくなっていた…。

(文:あまのさき)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「ただ離婚してないだけ」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Copyright © TV TOKYO Corporation All rights reserved. Copyright © BS TV TOKYO Corporation All rights reserved.