あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

【映画VS原作】『屍人荘の殺人』の魅力|原作の旨味を抽出した映画のポイントを徹底解説



→『屍人荘の殺人』の画像ギャラリーへ


“このミステリーがすごい” “週刊文春ミステリーベスト” “本格ミステリーベスト10” “本格ミステリー大賞”の4冠を征した今村昌弘の同題デビュー小説を映画化した『屍人荘の殺人』(19)。

ドラマ「金田一少年の事件簿N」「99.9-刑事専門弁護士-」、映画『劇場版ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL』、『仮面病棟』を監督し、『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』の公開も控える木村☻ひさし監督がメガホンを取りました。

脚本は「金田一少年の事件簿」、「トリック」「99.9-刑事専門弁護士-」などのエンターテイメントサスペンスを提供し続ける蒔田光治が担当しています。

主演はW主演として神木隆之介、浜辺美波。共演に中村倫也、葉山奨之、矢本悠馬、山田杏奈、佐久間由衣、福本莉子、古川雄輝、柄本時生など豪華な面々が揃いました。

原作が高い評価を受けたベストセラーミステリーで、旬の豪華キャストを揃え、ヒットメイカーがメガホンをとった映画『屍人荘の殺人』は、しかし、興行収入10.9億円というまずまずの数字を上げながら、そこまで話題にならないという結果になりました。
 

隠された最大要素を解禁!!



これは、ひとえに“ある映画(原作通り)の要素”を丸々隠した宣伝が行われたことにあるといえます。本来であれば、この要素をもっと推しても良かったのかもしれませんが、観客に対して“映画を見る前に何か余計な予備知識を与えていけない”という判断が下されたのか、この要素は丸々隠されたままでした。

映画の公開から1年半以上が経ち、ソフト化もされ、Amazonプラムでの配信も始まり、原作も文庫化されてベストセラーに拍車がかかった現状を鑑みて、ここでその隠し通されてきた“ある要素”についてこれからがっつりと触れて語ります。

もう一度、言いますがこれより先にネタバレがあります。それは困る!? という方は残念ですが、ここまでして、cinemas PLUSには別のライターの素晴らしい記事の数々がありますので、そちらへお進みください。

<では、“ネタバレ全開”で(と言っても犯人は言いませんが)いってみましょう>

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 古典的ミステリーの舞台設定をアップデート

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2019『屍人荘の殺人』製作委員会