あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『名もなき歌』レビュー:我が子を奪われた母と事件の謎を追う記者を通して浮かび上がる社会の諸問題



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

1988年の政情不安な南米ペルーを舞台に、だまされて生まれたばかりの赤ん坊を謎の組織に奪い去られた20歳の貧しい先住民の女性ヘオルヒナ(パメラ・メンドーサ)と、その事件を追う白人と先住民の混血=メスティーソの新聞記者ペドロ(トミー・パラッガ)の姿を通して、単にペルーのみならず今や社会全体の問題として対峙していかなければならない事象を訴えていく秀逸なメリーナ・レオン監督作品。

ここでは貧困と格差、人身売買、民族差別、ジェンダー差別、そして全体主義やテロリズムといった、実は日本も他人事とは思えない問題が次々と、しかしながら拳を振り上げるのではなく静謐に淡々と繰り広げていくことによって、より深い苦悩と絶望の念がモノクロのスタンダード画面から醸し出されていきます。



ちなみにこの画面ですが、四辺をかっちりと区分けして上映する通常のスタイルではなく、昔のフィルムを上映する際に暗幕を外したかのような、四辺をわざとぼかした形態で上映されます(映写ミスではありません。監督は「昔のテレビのブラウン管映像を意識した」とのこと)。

これによって現代社会の諸問題に対峙する当事者たちがどうしたらいいのかと苦悶する、曖昧模糊とした意識までも巧みに表現されています。



米デンバー国際映画祭2019作品賞など全世界の映画祭で現在までに32部門の賞を受賞。その中には主演パメラ・メンドーサのリマ・ラテンアメリカ映画祭で特別賞(女優賞)も含まれています。アカデミー賞2020の国際映画賞ペルー代表にも選抜。

事件の謎を少しずつ解いていくミステリ・サスペンスとしても上々の仕上がり。

社会派的意識と映像実験を見事に融合させ得た意欲作としても、実に映画らしい、映画ならではの情緒を解くと堪能できる秀作です。

(文:増當竜也)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『名もなき歌』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)Luxbox-Cancion Sin Nombre