あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

6月の「プライド月間」にLGBTQ+を背景とする映画たちを通して、アレコレ考えてみる



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

現在公開中の『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』は、2014年の香港雨傘運動に参加して逮捕され、中国のブラックリストに入ってしまった事から訪れるキャリアの危機と対峙していく香港スター、デニス・ホーの生きざまを描いたドキュメンタリー映画です。

2019年6月にも香港逃亡犯条例改正に反対するデモを支持し、国連やアメリカ議会で香港の危機邸状況を訴えるなど、一貫して自由のために闘い続ける彼女は、かつて自分が同性愛者であることを告白したこともありました(映画でもその部分について触れられています)。

さて、6月はアメリカをはじめ世界各地で「プライド月間」として、LGBTQ+の権利について啓発を促すさまざまなイベントが開催されています。

そして映画も昨今、LGBTQ+を題材、もしくは背景とした作品が多く見受けられるようになってきています。

今回は、6月以降に日本で公開されるそれらの作品群にスポットを当ててみたいと思います。

トランスジェンダーの今を提示する『息子のままで、女子になる』『片袖の魚』

 
まず、今更ながらではありますが「LGBTQ+」とは、Lesbian(レズビアン/同性を恋愛対象とする女性)、Gay(ゲイ/同性を恋愛対象とする男性)、Bisexual(バイセクシャル/同性も異性も恋愛対象と成り得る人)、Transgender(トランスジェンダー/体の性と心の性が異なる人)、そしてQはQuestioning(クェスチョニング)またはQueer(クイア)、どちらも性的指向や性自認が定まってない人を意味します。

+はこれら以外のIntersex(インターセックス)、Asexual(アセクシュアル)、Ally(アライ)、Pansexual(パンセクシュアル)などさまざまな分類、及びそれらに該当する人々を総称したものと捉えていただければよろしいかと思われます。


『息子のままで、女子になる』(C)2021「息子のままで、女子になる」

杉岡太樹監督のドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』(6月19日公開)は、就職を目前にして男性性を捨てて女性として生きる決心を固めて行動し続けるサリー楓さんの生きざまを描いたもの。

才色兼備のトランスジェンダーとして注目を集め続ける彼女の活動そのものも、これからの時代を生きる人々に大きな啓蒙を与える意義あるものと思われます。

また、その上で本作が興味深いのは、彼女と父親との関係性についての描出を試みているところでしょう。



自分は父親の期待を裏切ったのではないかと悩むサリーさんと、そんな彼女のインタビューVTRを直視していく父親の姿、それぞれの複雑な心境は、家族や友人知人などにLGBTQ+を告白する人が現れたとき、自分はどこまで自然体として対峙することが出来るのかという、見る側にまで自問自答させるものがあるのでした。


『片袖の魚』(C)2021 みのむしフィルム

東海林毅監督による34分の短編映画『片袖の魚』(7月10日公開)は劇映画仕立てではありますが、日本初のトランスジェンダー女性当事者をオーディションし、現在ファッションモデルとして活動しているイシヅカユウをヒロインに抜擢していることで、どこかしらドキュメンタルな趣きも感じられる作品です。

ここでは『息子のままで、女子になる』でも描かれていたLGBTQ+の就職問題にもさりげなく言及がなされており、ヒロインのひかり(イシヅカユウ)が会社内では周囲の理解を得られながらも、それでも外回りなどでは時折言いようのない壁を感じていくさまが綴られています。


『片袖の魚』(C)2021 みのむしフィルム

また彼女はかつての友人たちに今の自分の姿を見てほしいと決意し、プチ同窓会に出席しますが(彼女はサッカー部に所属していたようです)、そこでも正直なところ微妙な空気を払拭させることまではできません。

LGBTQ+への理解が徐々に進んでいく昨今ではありますが、現実はまだまだであることを思い知らされると同時に、ふと自分が彼女の立場だったら? もしくは同級生側の立場だったら? と考えさせられるものまであるのでした。


『片袖の魚』(C)2021 みのむしフィルム

なお『片袖の魚』とは、文月悠光の同名詩(詩集「わたしたちの猫」内に収録/ナナロク社刊)から採られたタイトルで、その詩を原案に映画化されたものでもありますが、機会があれば映画とその詩を照らし合わせてみるのもお勧めしたいところです。

NEXT|次ページ > 諸問題の概念を払拭させてくれる『スーパーノヴァ』『Summer of 85』『湖底の空』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021「息子のままで、女子になる」 / (C)2021 みのむしフィルム / (C) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd. / (C) 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINEMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES / (C)2019MAREHITO PRODUCTION