あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ブラック・ウィドウ』スカヨハの訴訟の根本問題。新たな配給システムには新たな報酬モデルが必要だ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のブラック・ウィドウ役で知られるスカーレット・ヨハンソンが、先日、自身の主演映画『ブラック・ウィドウ』をめぐり、ディズニーを提訴したというニュースがありました。

今回の提訴は、Disney+(ディズニープラス)を中心とした同社の今後の戦略にも影響を及ぼす可能性のある、重要なケースとなるかもしれません。

同時配信でインセンティブが激減したと主張

(C)Marvel Studios 2021
(C)Marvel Studios 2021

スカーレット・ヨハンソンの訴えの内容は、映画『ブラック・ウィドウ』が劇場公開と同時にDisney+でオンライン配信されたことが契約違反だというもの。ヨハンソンの出演料は、劇場での興行成績に基づくインセンティブが大部分を占めており、映画館での封切と同時にオンライン配信をされたことで、受け取れる出演料が激減したということです。

ディズニーが、本作を劇場公開と同時にオンライン配信に踏み切った背景は、当然新型コロナウイルスの世界的大流行があります。映画館が長期間休業を余儀なくされ、ハリウッド各社はオンライン配信へと傾注することで、この危機を乗り越えようとしました。

ディズニーはこの機会に、Netflixなど先行する動画配信プラットフォーム追随すべく、2019年11月に開始したDisney+の利用者拡大を考え、『ムーラン』などの新作を同プラットフォームで封切ることにします。

そうした時流に不安を覚えたヨハンソン陣営は、インセンティブ内容に関する新たな話し合いの場を設けるようディズニーに要請していたようですが、再交渉の呼びかけに反応しなかったと報道されています。

ヨハンソン陣営は、このオンライン同時配信よる損失は、5000万ドル(約55億円)ほどになると主張。ディズニー側は、Disney+のプレミアム配信によって、これまでにヨハンソンが受け取った2000万ドルに加えて「追加報酬を獲得する能力が大幅に向上」していると反論しています。

業界内外でヨハンソン支持が広がる

(C)Marvel Studios 2021
(C)Marvel Studios 2021

この訴訟はディズニーにとって逆風になるかもしれません。ヨハンソンを支持する声が業界やSNS上で広がっています。

マーベル・スタジオ社長兼マーベル・チーフ・クリエイティブ・オフィサーのケヴィン・ファイギは、今回のディズニーの対応について不満を持ち、ヨハンソンを支持していると報道されています。

Twitter上では「#TeamScarlett」というハッシュタグが登場。ヨハンソンへの支持が広がり、アレック・ボールドウィンなどの有名俳優もこのハッシュタグで彼女を支持しています。

今回の訴訟は、他のスターたちを勇気づけ、後に続く者が出てくるのではと英語圏のメディアは相次いで指摘しています。『クルエラ』のエマ・ストーンが同様の訴訟を行うのではというニュースも入ってきており、ディズニーが、コロナ禍に乗じてディズニープラスの拡大を急速に推し進める流れに対して、ブレーキがかかるかもしれません。

配信とスターのインセンティブ

Embed from Getty Images
今回の訴訟の背景には、コロナの感染拡大による映画館と配信のパワーバランスが大きく変化したことがあります。しかし、コロナがなくても遅かれ早かれこうした問題に直面したでしょう。

ハリウッドスターの中には、ヨハンソンのように興行成績に応じたインセンティブを主な出演料とする俳優はかなり多く存在します。例えば、トム・クルーズは『宇宙戦争』の時は固定のギャランティは受け取らず、興行成績の10%をもらう契約を交わしたそうです。(参照

大ヒットが見込める作品に出演する場合は、固定の金額よりもこうしたインセンティブのマージンを受け取る方が結果として高い金額になることが多く、大ヒット確実なマーベル映画シリーズであれば、インセンティブの方が高くなることが多いでしょう。

ヨハンソン陣営が計算した5000万ドルの損失というのも、あながち的外れな数字ではないでしょう。北米市場で『ブラック・ウィドウ』は初週こそ大ヒットを記録していますが、2週目には67%の成績ダウンとなっており、これに配信が影響していないとは考えにくいでしょう。ちなみに、ディズニーはDisney+の2週目以降の数字は公表していません。

それでは、オンライン配信時にも同様のインセンティブ契約を結べばいいのではないかと考える人は多いでしょう。しかし、近年の動画配信の主流は定額の見放題プランです。この料金体系の場合、どんなインセンティブ契約が可能なのでしょうか。(注:『ブラック・ウィドウ』の配信は追加で30ドル支払うプレミアムプランで提供されたため、見放題ではありません。以下の話は主流の定額配信の一般論として記述します)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 定額配信サービスはブラックボックス

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録