あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

映画『マスカレード・ナイト』レビュー:木村拓哉のエンタティナーとしての誇りと貫禄を堪能できるシリーズ第2弾!



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

木村拓哉&長澤まさみファンのみなさま、お待たせしました!

2019年に映画化され、興収46億4000万円の大ヒットを記録した東野圭吾・原作『マスカレード・ホテル』、その待望の続編『マスカレード・ナイト』が堂々映画化!

破天荒な刑事・新田浩介(木村拓哉)と真面目過ぎるホテルマン山岸尚美(長澤まさみ)の「水と油」コンビが再びホテル・コルテシア東京で共闘しながら凶悪殺人事件の謎を追い求めていきます!

大みそかの夜のパーティを舞台に
再びホテルマンとして潜入捜査!



ある日、警察に匿名の密告状が届けられました。

その内容は、数日前に都内のマンションの一室で起きた殺人事件の犯人が、12月31日のホテル・コルテシア東京で開催される年越しカウントダウンパーティ「マスカレード・ナイト」に現れるというもの。

ホテル・コルテシア東京といえば、かつて不可解な連続殺人事件の4番目の犯行場所と予測され、警視庁捜査一課の新田浩介がホテルマンに変装して潜入捜査した、あのホテルです(これが前作『マスカレード・ホテル』のお話)。

かくして、またも新田は捜査に駆り出され、髪型もびっちりホテルマン仕様に刈り込まれ(はい、あの社員用理髪店に行かされます)、ホテルのフロントクラークとして働く羽目に!?

一方、その事件の際に新田とともに犯人逮捕に尽力した、優秀ながら生真面目にも程があるホテルマンの山岸尚美は、ホテルクラークからコンシェルジェに抜擢されていました。

マスカレード・ナイトの参加者はおよそ500名。

しかも全員が仮装し、素顔を仮面で覆っているために、誰が誰だかまったくわからなくなります。

刻一刻と開催時間が近づいていく中、次々と正体不明の怪しい人間たちがホテルを訪れてきては、新田ら警察陣を翻弄させていきます。

そもそも、あの密告状には一体どんな真意が秘められていたのか?

そして、ついにパーティが開始されてしまうのですが、果たして新田と山岸は顔も姿もわからない殺人犯を見つけ出し、全ての真実に辿り着くことが出来るのか?


 

前作のスタッフ&キャスト再結集加えて
多彩なゲストの中で犯人は誰?

前作とスタッフ&キャストをほぼ同じくしながらも、スケールは大いにアップの第2弾です。

そもそも第1作『マスカレード・ホテル』は「ホテルのお客様はみんな仮面(=マスカレード)をつけている」とでもいったモチーフがベースに敷かれていましたが、今回は“マスカレード・ナイト”なる仮面必須の仮装パーティがクライマックスになることで、前作以上に作品の基本世界観が画的にもわかりやすくなっている感があります。

原作は数日にわたるお話ですが、今回脚色するにあたって大晦日の1日に凝縮させるという、2時間強の映画のランニングタイムに見合った速度とテンポが達成されているのは見識であったともいえるでしょう。

監督はこれまで木村拓哉とも20年以上の長きにわたってコンビを組み続けている鈴木雅之ですが、彼の作品の大きな特徴ともいえるシンメトリの画面構図は今回も俄然健在どころか、この人の映画、数を重ねるごとにシンメトリの度合いがヒートアップしているかのようで、それでいてキャメラそのものは実によく動く!

このあたり、鈴木監督と『本能寺ホテル』(17)で組んで意気投合し、『マスカレード・ホテル』も担当した撮影・江原祥二の腕の冴えを大いに讃えたいところでもあります。



そして今回のキャストですが、警察側の多くは同じ布陣ですが、ホテル側は新たに石黒賢が参入。

また今回も宿泊客の中に犯人がいるのかいないのか?といったミステリがメインとなっていきますが、前作と何ら変わりのないゴージャスな仕様で再び構築されたホテルコルテシア東京の広大なセットの中、佐藤直樹の絢爛豪華なワルツ音楽に乗せながら、田中みな実や沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子、高岡早紀、博多華丸などなど、果たしてこの中に犯人はいるのかいないのか?(もちろん教えるわけにはいきません)といった推理情緒を大いに高めながら物語は怒涛のクライマックスへ突き進む!

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ゴージャスなサービスに満ちた2時間強の至福の時間!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021 東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会