あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-09-12

鬼滅の刃

「鬼滅の刃」浅草編<ざっくり解説/じっくり感想/名ゼリフまとめ>



→「鬼滅の刃」画像ギャラリーへ

過去に放送されたアニメ「鬼滅の刃 竈門炭治郎立志編」が特別編集版として放送される。本記事では、「浅草編」について、解説・感想・名ゼリフをご紹介する。

(※竈門禰豆子の「禰」のへんは「ネ」の字です。)

「浅草編」ざっくり解説


最終選別に合格し、任務につくことになる炭治郎。鬼舞辻無惨の存在を知り、鬼に情報を知らないか聞くが、鬼はその名を耳にした途端震えだすのだった。浅草で無惨らしき匂いを嗅ぎ、探し当てるが逃げられてしまう。同時に鬼でありながら医者でもある珠世と出会い、協力し合うことに。無惨に近い鬼の血を集めることで、禰豆子を人間に戻す手がかりがつかめるかもしれない。

任務を遂行する中、自分たち以外にも無関係な人々が犠牲になるのを目の当たりにした。さらに、仲間である鬼すらも利用し、呪いに反すれば殺すという鬼舞辻無惨への怒りをより深める炭治郎だった。

鬼舞辻無惨



鱗滝によると、人間を鬼にできるのは鬼舞辻無惨という「はじまりの鬼」ただ一人だという。ということは、炭治郎の家族を襲ったのは無惨だということになる。人間のふりをして生活していた無惨は、家族や周りの人に気づかれぬよう人を喰っていた。無惨も無惨で炭治郎の耳飾りを見て反応しており、向こうも炭治郎に因縁がありそうだ。

珠世と愈史郎



鬼でありながら医者であり、鬼舞辻無惨を倒したいという珠世。彼女は200年生きており、愈史郎は珠世が鬼にしたのだという。だが200年かかって鬼にできてのは愈史郎ただ一人。手毬鬼と矢印鬼とも面識があるようで「はぐれもの」と呼ばれていた。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「浅草編」がっつり感想

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable