あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「真犯人フラグ」見逃し厳禁の第2話、その衝撃の内容は?:凌介と瑞穂を何者かが見つめる…!?

 

【関連記事】「真犯人フラグ」第1話速攻考察!:怪しくない人がいない!!もれなく全員に立てられた”真犯人フラグ”!?(ストーリーネタバレあり)

日本テレビ系の日曜ドラマ「真犯人フラグ」の第2話が、2021年10月17日22時半から放送される。

秋元康が企画及び原作、「あなたの番です」制作スタッフが手掛ける本作は、平凡なサラリーマンが家族の疾走を機に日本中の注目を集め、“真犯人フラグ”をたてられながらも、真実を追い求めていくノンストップの考察ミステリー。

第1話から「あなたの番です」を彷彿とさせる「全員怪しい!」の展開にSNSは話題沸騰した。

そんな衝撃の第1話後の第2話ストーリーはどうなるのだろうか。

第2話のストーリー/あらすじ

『お探しのものです』と書かれた荷物が届いたことで、一気に警察が動きだし、犯人扱いされる凌介(西島秀俊)。荷物のことは発表されなかったものの、マスコミの取材攻勢は、激しくなる一方だった。情報番組では、日野(迫田孝也)のインタビューが流れる。凌介の家族仲が良かったなど好意的な話をするが、一部の発言だけが切り取られ、「家庭崩壊」、「DV夫」、「旦那サイコパス説」といった悪意ある憶測がネットで広まる。

出社早々、「やってないんだよね!?」と部長の太田黒(正名僕蔵)から迫られた凌介は、きっぱりと否定する。しかしカスタマーサービス部には、9時の始業と同時に「DV夫に荷物を運ばせるな」「殺人犯を匿うつもりか!」などとデマを真に受けた苦情電話が殺到。集荷キャンセルの電話も次々とかかってくる。

原因は、YouTuberぷろびん(柄本時生)が投稿した動画だった。真帆(宮沢りえ)たちの失踪は、3人を殺した凌介の自作自演だと煽り、職場が晒されている。すでに再生数は10万回超え。苦情電話の対応に追われ、カスタマーサービス部は大混乱。凌介は太田黒から、厳しく責任を追及され…。

瑞穂は、会社のためにも真帆たちを探す手伝いをすると凌介に言う。そんな二人を何者かが見つめていた――。

凌介は団地の住民たちからも白い目で見られ、ポストは嫌がらせのビラで満杯に。皆が遠巻きに凌介を見つめる中、真帆のママ友で整体師の朋子(桜井ユキ)が声をかける。朋子は団地に引っ越してきたばかりで心細かった頃、明るく話しかけてくれた真帆に感謝していた。

朋子は凌介に、力になれることがあったら言ってほしいと告げる。そんな中、真帆たちの最後の足取りが判明し……!?


第2話もまだまだ「フラグ」を巻く段階か?

「真犯人フラグ」は2クール連続放送、つまり来年2022年3月まで放送される半年に及ぶ考察ドラマである。

それを考えると、第1話や第2話で「真相はコレだ!」と判明することは考えにくい。しかし、蓋を開けたときに1話や2話の描写や台詞が重要で、実は4-5-6話付近はミスリードを誘うためのフェイクの伏線が展開されるという可能性も捨てきれない。

その意味ではどの話も見逃し厳禁であるのだが、片っ端から疑ってかかると頭がパンクしてしまいそうなのがまた難しいところである。

どの道半年間の考察の中で3ヶ月が経過する折返しの時点で、「あなたの番です」同様に衝撃のターニングポイントが用意されている可能性が高い。

予想が外れることも楽しみの一つではあるが、せっかくなら当てたいのが本音。cinemas PLUSチームとしても、チームで結末を予想していければと思う。

【関連記事】「真犯人フラグ」第1話速攻考察!:怪しくない人がいない!!もれなく全員に立てられた”真犯人フラグ”!?(ストーリーネタバレあり) 

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©日本テレビ