あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

【※ネタバレあり】「麒麟がくる」最終回 解説&考察|明智光秀が主人公ゆえに辿り着いた賛否割れる神秘的なラストに



予想はしていなかった。しかし、望んではいた。そんなラストシーンが結果的に目の前に現れた。

謀反人として教わってきた明智光秀の新たな一面を1年通して我々視聴者に届けてくれた「麒麟がくる」が遂に最終回を迎えた。

最終回で描かれた「本能寺の変」は誰もが「明智光秀が織田信長を討った」と知っている史実である。しかし、その史実には諸説あるためこの「麒麟がくる」でどう描かれるかに多くの視聴者が注目していた。

最終回を見終えて数分、まだ隅々まで整理しきれてはいないが今思っていることを文章に記したいと思う。


※動画も上げてますので、良かったら合わせてお楽しみください。


「本能寺の変」前後の史実を振り返る

まず、今回の「麒麟がくる」最終回のエピソードタイトルはズバリ「本能寺の変」であった。

つまり「本能寺の変」がメインで描かれることは事前にわかっていた。史実において「本能寺の変」の前後は下記のような時系列となっている。

※諸説あるため参考程度でご容赦くださいませ。

天正10(1582年)5月29日
=織田信長が本能寺へ入る

※以下全て同年のできごと

6月1日
=明智光秀、1万3千の兵を率いて丹波亀山城を出陣する

6月2日
=本能寺の変

6月2日
=徳川家康、本能寺の変の知らせを聞き堺を出発、三河へ戻ろうと伊賀越えへ

6月3日
=羽柴秀吉、備中高松にて本能寺の変の知らせを聞く

6月4日
=羽柴秀吉、毛利軍と和睦

6月6日
=羽柴秀吉、「中国大返し」開始する

6月9日
=明智光秀、細川藤孝 父子に協力要請

6月10日
=明智光秀、筒井順慶に協力要請

6月12日
=羽柴秀吉が摂津富田へ到着

6月13日
=山崎の戦いにて明智軍VS羽柴軍が激突。羽柴軍の圧勝で明智光秀の三日天下が終わる
=明智光秀は負けた道中で落ち武者狩りに遭い落命(※諸説あり)

諸説あるが、時系列ではこのような流れとなっている。

つまり6月2日に本能寺の変が起きた後、11日後の6月13日に明智光秀は落命しているということである。

次の章にて記すが、「本能寺の変」の後の明智光秀は天下を一時的に取ったものの坂を転げ落ちるように6月13日へ突き進んでいったのである。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ※ネタバレあり:最終回の構成を紐解く

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録